テクニック重視のSEO対策とはもう昔の話

SEO画像

そもそもSEO対策とは何なのでしょうか?きっとこの記事を見る人は「そんなの検索結果で上位表示するためだろ!」と口をそろえて言うでしょう。しかし、それはもう3年も前のお話です。

2011年にYahoo!がGoogleのアルゴリズム検索技術を採用し、事実上…Google社との提携をしてからSEO対策は変わってきました。そこから、さらにGoogleのアルゴリズムの変更により評価されるサイトの基準が大きく変動。

そのため、もはやテクニック重視によるごり押し的なSEO対策は「過去のノウハウ」と言わざるを得ません。またSEOに無知なだけではライバルはおろか最終的に自分のブログで収益を得るという事も不可能に近いでしょう。

では2017年となった今―どんなSEO対策が必要なのか??その答えをこの記事で詳しく解説していきます。

【本記事で学ぶ内容】

  • Googleが求める基準がわかる!
  • SEOに嫌われないブログ作りが出来る!

そもそもSEO対策とは?

SEO対策とは検索順位を1ページ目に自サイトを浮上させる様に対策を立てる事を意味します。しかし、今では基本的に過度な対策方法やテクニックは不要です。

  1. 検索ユーザーが満足する質の高い記事がある事
  2. 検索ユーザーのために豊富な情報がある事

この2つが主なSEO対策となっています。

なぜ人は意図的にSEO対策をするのか?

WEBサイトを所有する人がSEO対策を施すのは、やはり正しいノウハウで1日でも早く安定したPV数を得るためです。

いくらシンプルなSEO対策になったとはいえ…やはり少しでもSEO対策を意識しないと、ライバルを抜く事も出来ません。また自分が何のキーワードを攻略したいのかが見えない限り、運営方針も定まらないからですね。

例えば同じSEOでも「SEO対策 無料」と「SEO対策 コンテンツ」という調べるユーザーがそれぞれ求める答えが違います。なので「SEO対策 コンテンツ」というキーワードを攻略するなら…

攻略したいキーワード:SEO対策 コンテンツ

  • SEOコンテンツの作り方
  • 検索ユーザーが見たくなる記事タイトル
  • 読みやすく意味が取りやすいコンテンツ制作
  • 好かれるコンテンツと好かれないコンテンツ

といったSEO対策に繋がるコンテンツを中心に記事を作る必要があります。

そうする事で結果的に1ヶ月~3ヶ月で、大量のアクセスが増えるという算段になります。このように狙ったキーワードで上位に浮上し検索ユーザーを集めるためにSEO対策をしていると考えられます。

テクニック重視SEO対策はもはや過去になった

ですが、記事タイトルにも書いたように…もはやテクニック重視のSEO対策は過去のお話です。何よりもGoogleSEOがそれを認めていません。

  • Google側の考え:検索エンジンはユーザーためのモノ!

というのが1つの理念です。

ここから細かくして「サイト表示速度」や「コンテンツの質」が求められているという事。ですので、今ではSEOだけを相手にした無理矢理な外部リンク対策は返ってブラックSEO対策と呼ばれスパム行為の認定を受けます。

これを無視してブログ運営すると時間ばかり浪費し、100記事以上コンテンツを作っても平均検索順位が50位という労力と相反した結果しか置きません。

私も最近になり、記事を書き直して削った結果…平均検索順位が30位までアップしました。

コンソールによる平均検索順位

ただこれでわかった事は、私のまだ検索順位の平均が低いという事。ですので今後は、記事の書き直しと、キーワードを狙った記事の増量は欠かせないという事が理解出来ました。

昔に流行った主なSEOテクニック総まとめ

昔に流行った主なSEOテクニックをまとめます。

  1. サテライトからメインサイトへの自演リンク
  2. ペラサイトからメインサイトへの自演リンク
  3. どこかで手に入れた中古ドメインからの自演リンク
  4. ツールによる中小検索エンジンへの膨大な登録
  5. コメント周りによる強制トラフィックバック
  6. 過度なキーワードを盛り組み露出度を高める

といった事が掲げられます。

ですが、コメント周りは人間が自然的にやる行為なので一概にスパム行為とは言えません。しかし、サテライト(サブサイト)で、中身を1~5記事程度でリライトした様なサイトからの自演リンクはスパム行為。

こういった手法が全てブラックハットSEOにあたり、自分が思ってもいない結果が待っている。それがSEOペナルティーです。ペナルティーはGoogle Search console(グーグル・サーチ・コンソール)から知る事が出来ます。

ただし、コンソールを見てもペナルティー通知がない場合は…基本的に質の高いコンテンツが少ないという事です。その場合は:記事の改善と質の高い記事の量産を心がけましょう。

今日から意識すべき3つのSEO対策の本質

では今日からあなたが意識すべきSEO対策の本質についてお伝えします。もう過去の方法ではなく、今現在のやり方を覚えてSEO対策を考えていきましょう。

5-1:SEOコンテンツ

まず一つ目に重要なのはSEOコンテンツです。SEOコンテンツと言っても何度も言う様に検索ユーザーが求める答えがあるコンテンツであればよい。ですので、ここではSEOコンテンツの概念について理解してください。

SEOコンテンツの重要な概念

  • 狙ったキーワードから外れない記事内容にする事
  • 記事タイトルに一工夫入れて興味関心を引く事
  • コンテンツ量よりもユーザーが求める答えを掲載する事
  • 記事はロジカル(論理的)に、わかりやすくコンテンツ説明する事
  • まとめは簡潔書いて、わかりやすく記事を締める事

以上が良質なコンテンツの概念です。ですので無駄に長い記事を書くと返って検索ユーザーは萎(な)えます。ですので、見やすく分かりやすい記事を普段から心がけてコンテンツ作成する事がSEO対策最短の道と言えるでしょう。

5-2:SEO内部リンク

そして次に重視するのはSEOの内部リンクです。内部リンクとは巡回ロボであるクローラーがサイト内のリンクを辿り情報収集しやすくする自サイト内の対策法の事です。ですので自分のページから別のサイトへリンクする(アフィリエイト広告など)行為は全て除外です。

では内部リンクの対策法ですが…

  1. 書く記事の見出し機能の使い分けをする
  2. 関連記事同士をリンクして繋げる
  3. 各画像ごとにalt=””内にテキスト説明文を書く
  4. アンカーテキストが最適な文章である

といった事が掲げられます。

特に記事から記事へリンクする場合のアンカーテキスト(リンク文章)やリンク先の記事が似たようなトピックであるかという事が重要です。

例えばSEO対策に対して書いた記事から「アフィリエイトで稼ぐ記事へリンク」では不自然です。でもSEO対策の記事から「SEO集客方法の記事へリンク」というのは、同じSEO同士の内容なので関連記事と言えますね?

こういった小さな配慮が内部リンクでは非常に大きな結果に繋がります。

5-3:SEO外部リンク

外部リンクとは簡単に言えば被リンクの事で、別のサイトから紹介やSNS(Facebook・はてぶ・ツイッターなど)でシェアされる事に対しての評価が外部リンク。

正直、ひと昔前までは…この外部リンクが多ければ検索上位に浮上するという事から、テクニック重視のSEO対策が施されたという事になります。しかし、先ほども話した様に、それはもはや過去のお話。

もちろん、今現在も外部リンクは有益なノウハウですが…自作自演はただのペナルティーでしかありません。ですので自分からではなく相手が思わず「この記事は有益だ!」と、紹介したくなる様な記事を書き続けていけば十分です。

この様な自然にリンクが付く行為をナチュラルリンクと言います。

特にナチュラルリンクが付く場合は…

  1. トレンド記事である場合
  2. 面白いと感じる記事である場合
  3. 役に立つと感じる記事である場合

この上記に当てはまるとどんな記事でも思わずリンクが付くときがあります。私の場合はある書籍を書いて紹介した際にFBのいいね!が25件以上で、twitterも4件シェアされました。

Facebookとtwitterシェア数の実績

つまり良質な記事であれば…誰の記事でも自然とシェアされるという事は間違いではないという事ですね^^

今の時代、Google検索エンジンが基準点!

今の時代はGoogleのSEOである検索エンジンが基準です。というのもYahoo!でもGoogleのアルゴリズム検索技術を採用しているのでGoogleSEOを理解しない限り、検索順位で上位に上がるという事は難しいというのが現状です。

しかし、それでもGoogleは誰に対しても公平な判断をしているので下記の基準から逸れなければOkと言えます。

Googleが掲げる10の事実

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能します。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

Googleが掲げる10の事実より~

後はここをしっかりと考えながら普段からブログ運営をする事が重要です。

Googleが掲げる10の事実を本質を読解

上記の意味でもGoogleが掲げる10の事実は上記の内容でも何となく意味は取れると思いますが…あえてわかりやすく一言ずつに私なりの答えを出していきます。

  • ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

⇒検索ユーザーのための良質なコンテンツを作る事

  • 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

⇒何でも屋ブログではなく、一つの専門分野に長けたサイトにする事

  • 遅いより速いほうがいい。

⇒サイトは表示速度が速い方が検索ユーザーに好まれる

  • ウェブ上の民主主義は機能します。

⇒公序良俗であるモラルあるサイトが重宝される

  • 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。

⇒スマホで調べる検索ユーザーにも最適なブログ作りを心がける事(※レスポンシブ対応など)

  • 悪事を働かなくてもお金は稼げる。

⇒人を煽り最初から騙す行為をしなくてもサイトで収益は出せる

  • 世の中にはまだまだ情報があふれている。

⇒情報は見つけようと思えばいくらでも手に入る

  • 情報のニーズはすべての国境を越える。

⇒情報の悩みを満たす答えに国境はない

  • スーツがなくても真剣に仕事はできる。

⇒企業勤めこそが仕事ではなく在宅ワークも立派な仕事

  • 「すばらしい」では足りない。

⇒検索ユーザーに褒められるだけのブログで満足してはいけない

GoogleSEOが無視できない大きな理由

そもそも、なぜGoogleのSEOが無視できないのか?と言いますと…Googleは検索ユーザーがより良い形で検索エンジンを使えるように日々試行錯誤しているからです。

そして、そんな私達ブログアフィエイターもブログのみでは稼ぐ事は出来ません。必ず他のサービスに便乗する必要がありますね。それがSEOで言えばGoogleの検索エンジンシステムです。

ですが、Googleは検索ユーザーのためであれば、いつでもアルゴリズムの変更を行うでしょう。そうなれば、また新たなSEO対策が必要不可欠になります。

なのでアフィリエイターを含め、ネットビジネス者は、SEO対策では…Google検索エンジンこそ考え、その流れに沿って運営する必要があります。

まとめ

さて今ではSEOの対策法は変わったという事をお伝えしましたが…結局の所、何が一番大事なのか?と言われれば「良質なコンテンツ」が最も重要です。良質なコンテンツを作り、記事を配信し続ければ50記事前後でも今や1万~5万PVは得られます。

逆に言えば、コンテンツを優先的に考えれば変な小手先テクニックは全て不要だという事です。

必要なのは…

  1. わかりやすくまとめた文章
  2. ロジカルなコンテンツ展開
  3. 検索ユーザーが求める答え

これをしっかりと記載する事が重要です。

知識が豊富なのに越したことはありませんが…間違っても専門的な知識の膨大さでブログの優劣は決まりません。上記の項目を満たした記事がある事が重要です。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

1日たった3時間!PC1つで月5万円以上を稼ぐ全手法をあなたは知りたくありませんか?

私も「アフィリエイトをブログで始めて稼いでみたい!でも実際、何から始めたらいいのか…」と、あなたは困っていませんか?


確かにアフィリエイトは今や様々な稼ぎ方が存在します。なのでネットで流れている情報に困惑するかもしれませんね。


しかし、私がやってきた「この方法」なら、ブログをビジネス用で使った事がない30代の方でも1日3時間の作業で十分にお小遣い稼ぎは可能です。さぁ今すぐあなたも始めてみましょう!


また私のメルマガ購読者限定で…私から“豪華特典を累計23本を配布”させて頂きます。


Coming soon!

SNSでもご購読できます。

・本格的に稼ぎたい30代のあなたにオススメ教材です!

ua1
私は、この情報教材でアフィリエイト収益0円⇒80,000円以上稼ぐ事に成功しました。今度は、あなたが試してみる番です!

rank3

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)