成功サイトの共通点!SEO内部リンク対策の正しいやり方教えます

ブログ設定や記事を増やしても全く検索エンジンに浮上してこない。 そんな先の見えないSEO対策に悶々としていませんか?

確かに、SEO対策としてブログ設定や記事を量産していくという事自体は間違いではありません。しかし、これだけではブログTOPページはおろか…ブログ記事も検索エンジンに浮上しないだろう。

まずSEOの対策法には主に3つあります。

  • SEOコンテンツ対策
  • 内部リンク対策
  • 外部(被)リンク対策

この3つが基本的なSEO対策の攻略手順になります。

しかし、コンテンツが最も重視される中で、続いて欠かせない対策は外部リンクよりも内部リンクです。内部リンクを施す事で、Googleクローラーの巡回を速め、サイト内にある情報をキャッシュ・インデックスを速める事が出来る。

そこで、この記事では内部リンクの重点をおいて説明していくので、是非ともあなたのSEO内部リンク対策の軸にしてください。

【本記事で学ぶ内容】

  • SEO内部リンク対策の意味が分かる
  • 記事内の内部リンク対策のやり方がわかる
  • WPブログでは様々な内部リンク対策が施せる

そもそも内部リンクとは一体?

SEO内部リンク対策とは

まず内部リンクとは、その名の通りに同じドメイン内でリンクを張り合う事を意味します。もっと簡単言えば…外のサイトを一切絡ませる事無く、自サイト内だけでリンクを貼りクローラー巡回させる事です。

ですので、自分が作ったコンテンツから別のコンテンツへリンクする事などが内部リンク対策に該当します。

SEO対策で内部リンクが必要な理由とは?

内部リンク対策を行う理由は下記の通り。

  1. クローラー(巡回ロボ)にサイト内を巡回させるため
  2. サイト内で重要なページを評価してもらうため
  3. Googleインデックス登録を速めるため

といった理由があります。

これがいわゆる検索エンジンの評価を上げるという事です。そして評価が上がり、インデックス登録が増えれば、それだけ検索結果に自分の記事が浮上するという事。

なのでSEOで自動集客を得ようと思ったら絶対に欠かせない対策法なんです。

SEO対策を本気で考えるならやはりWordPress!

SEO対策を狙うなら…やはりWordPressブログは使用は必須と言えます。特に「お金(維持費)が掛かるから…」と懸念し、いつまでも無料ブログ運営の人も多い。

しかしアフィリエイトやブロガーである以上は収益を出す事が目的。収益を出すという事はそこにはお客さん(顧客)がいないとまず成立しません。(それがビジネスですからねw)

でも無料ブログだと正直、自由運営はありません。

無料ブログの定義:万人(誰も)が、手軽に運営出来るWEBサイト

これがどの無料ブログにも共通する定義ですね。

ですので無料ブログではアフィリエイターやブログ飯をする人達を何も支援してるわけではありません。よって「SEO対策済みのテンプレート」や「SEO対策」には、どうしても限界があります。

その一方で…

WprdPressブログの定義:専門的で独創的アイディアに富んだ自サイトを所有できる

これがWordPressブログの定義。

ですのでSEO対策は使用するWPテーマによっていくらでも対策を施せる。またWordPressは、世界でたった1つ自分自身が所有する独立サイト。つまり他人とドメインが被らないので、SEOに対して非常に強い構造なんです。

ですので維持費を払って所有し続けるだけの価値がある。そのためインターネットで稼ぐ事が目的なら、初心者でもSEO対策に強くて有利なWordPressブログを使うべきだと言えるんですね。

もしWordPressに興味があるなら下記の記事を参考にどうぞ。

⇒参考記事:WordPressのインストール方法

この記事ではWordPressのサーバー選び・費用・インストール方法まで具体的に図解入りで解説しています。

※ドメインとは

簡単に言えば、インターネット上での住所です。その住所はhttp://あなたのドメイン/comの様な形で構成されています。

ただ無料ブログの場合は「http://無料ブログ運営ドメイン/あなたのドメイン/com」の様な形となり、あくまでも無料ブログ運営サイトのサブドメイン扱いになります。

記事で出来る内部リンク対策全手法

それでは記事内でも出来る内部リンク対策の方法を具体的に解説していきます。このノウハウは今現在で有効な手法なので是非ともクローラーの巡回速度を速めるために活用してください。

2-1:記事タイトルで狙ったキーワードを含む

まずはコンテンツ制作でも外せない王道系対策法です。記事タイトルに狙ったキーワードを組み込む事は必須です。というのも、記事タイトルにあるキーワードが検索結果に引っかかるからです。

例えば「検索順位 チェック」と検索ユーザーが調べるします。もし、この検索ユーザーをターゲットにしようと思ったら…

  • 無料で使える検索順位チェックツールをご紹介
  • あなたのブログは大丈夫?平均検索順位チェックする方法
  • 検索順位を手軽に調べて自分のブログをチェックせよ

というように、必ずどこかに「検索順位 チェック」というキーワードが記事タイトル内に含まれていないといけません。含まれていないと、やはりライバルの記事に押し負けます。

出来れば、一度Google検索エンジンで「SEO対策」とか「SEO ツール」などで調べてみてください。すると調べたキーワードが、記事タイトルに含まれているサイトの方が上位に浮上しているのがわかると思います。

また記事タイトルは読んでもらうための工夫は必要ですが…必ず全角32文字以内でまとまる様に書きましょう。記事タイトルの工夫の方法は下記の記事で詳しく解説しています。

⇒参考記事:常識破りの記事タイトル47項目

2-2:記事の見出し機能を適切に使う

記事は見出し機能をつかう事が必要不可欠です。

見出し機能の使い方

これが見出し機能です。(※赤枠が<h2>の大見出しで、ピンク枠が<h3>の小見出しです。)

例えば見出しを使わなければ…

SEO対策において重要な事が3つあります。1つ目はコンテンツ。特にコンテンツはとても重要で、質の悪い記事を提供するサイトは検索順位が一気に下降し、圏外へ飛ばされます。ここを無視して変にアクセスを集めても人は一向に集まりません。2つ目は内部リンク。内部リンクはサイトの巡回を速め、クローラーに情報をサクサクとインデックスしてもらうために必要不可欠なSEO対策です。3つ目は…

という形では…人は読みづらいです。人が読みづらいという事は、当然、機械であるクローラーも読みづらい。つまり、どれほど良い情報でも見出しを使わないと返って、サイト評価を下げてしまう事があります。

そこで見出し機能を使って整理すると…

■1つ目はコンテンツ

特にコンテンツはとても重要で、質の悪い記事を提供するサイトは検索順位が一気に下降し、圏外へ飛ばされます。ここを無視して変にアクセスを集めても人は一向に集まりません。

■2つ目は内部リンク

内部リンクはサイトの巡回を速め、クローラーに情報をサクサクとインデックスしてもらうために必要不可欠なSEO対策です。

■3つ目は…

このように非常にすっきりとした見やすい情報提供が出来るという事です。

※見出し機能の使い方

<h1>~<h4>までが主にブログで使う見出し。見出しは基本的に1,2,3,4と数字の順に階層を作る事。絶対に<h1>の次が<h4>という事はなく、必ず<h1>⇒<h2>⇒<h3>⇒<h4>となる様に使います。

また記事内では記事タイトルが<h1>なので基本的に<h2>を大見出し、<h3>を小見出しとして使い…話が切り替わる時は<h2>の大見出しから使って<h3>の小見出しへと使います。

このように見出しを使えば、人も機械もすっきりと見やすくなりますので、気持ちの良いコンテンツ制作を心がけましょう!

2-3:画像挿入時のalt””説明文を必ず書く

記事で画像を挿入する事はありますね。しかし、画像挿入する時もalt=””の部分に必ず説明文を入れましょう!alt=””では画像が表示されない時も何も表示されません。

  • alt=””に説明文がない場合

このように、ただ画像のエラーが起こります。しかし、このalt=””にalt=”SEO画像”という様に挟めば…

  • alt=””に説明文がある場合

SEO画像

この様にエラーが起きても何の画像を掲載しているのかがわかる。

またクローラーもこのテキスト文章は拾います。ですので画像の説明文も関連であるかどうかの判断基準の1つになり、SEO評価ポイントに組み込まれます。是非とも、面倒くさがらずにその都度記入しましょう!

ただWordPressの場合は…

画像挿入時のalt説明文

メディアにアップロード後に代替えテキスト欄に説明文を書いて掲載するだけでalt=””内に説明文が組み込まれた形になります。

2-4:関連記事同士のリンク

関連記事同士は必ずリンクしあいましょう。特に過去記事をリンクしてお互いに関連づいた記事を繋げる事で検索ユーザーも興味がある記事から記事へとリンクを踏んで飛ぶ事が出来るように、クローラーも記事から記事へリンクを辿る事が出来る。

つまり、サイト内でより多くのリンクを辿らせていく事がサイト巡回を速める。まさに内部リンクの王道対策法です。ですので被リンクを増やすだけのテクニックに頼ったSEO対策はもう過去のお話。

その事実は下記の記事で具体的にお話しているので是非、興味があれば見てくださいね!

⇒参考記事:テクニック重視のSEO対策はもう過去の話

ちなみに、私のブログでは参考記事という部分が全て内部リンク対策にあたります。

2-5:強調タグを適度に使う

そして狙ったキーワードは何も記事タイトルだけが重要ではありません。当然、記事タイトルに対して狙ったキーワードを入れるという事は…記事本文でも出てこないと可笑しい事になります。

例えば「SEO対策」という検索ユーザーに的を絞り、記事タイトルでも「〇〇的なSEO対策とは?」みたいに狙ったキーワードを含む必要があります。という事は、記事の本文であるコンテンツは「SEO対策について」のお話でないといけませんね。

その時に「そもそもSEO対策とは~」という形で書き始めて「~というのがSEO対策の本質です」みたいに文章を締める際に、狙ったキーワード(この場合、SEO対策)を強調タグ(太字)にする事です。こうする事で狙ったキーワードを重要キーワードだと認識される。

狙ったキーワード全ての対策は不要ですが…1箇所くらいは太字ボタンを使って強調しましょう。またこの時、記事編集画面で<b>タグではなく、<strong>である事をHTML表記に切り替えて確認してください。

<b>でもHTML上、何の間違いでもありませんが、<strong>タグはHTML最適化の評価対象であるという事がわかっています。ですので文字装飾簡易ツールボタンを使用して太字にしたら、1度だけHTMLが<strong>になっているかを確認しましょう。

なっていればそのまま簡易ツールボタンを使用すれば良いし、なってない場合は手動でHTML記述すればOKです。まぁWordPressのテキストエディタなら問題ありませんが…無料ブログの場合は稀に<b>タグで太字にしている場合があります。

2-6:キーワードを3~7%未満に抑える

これも昔では流行ったテクニックですがキーワードの露出を高め過ぎると返ってSEOペナルティーの対象です。例えば「SEO」という言葉を狙っても…こんな風なら不自然ですよね?

  • 不自然な記事の参考例)

SEOの対策は今や簡単になりましたが、やはりSEOの勉強をしないとSEO上位浮上は難しい。またSEOを無視すると、検索順位は上がらず、圏外のまま。つまりSEOから嫌われている事を意味します。

もちろん、いくらSEO対策といっても検索ユーザーを意識する事が重要ですが…やはり今現在に合ったSEO手法を意識したSEOコンテンツ制作する事がSEO攻略では必要不可欠ではないでしょうか。

と、どこでも「SEO、SEO…」と入れたら煩わしいですね。

なのでキーワードを入れないと意味が分からない場所は入れて、入れなくても意味が通る場所は入れない様にしましょう。また、普通に意識しないで書けば特に「これ、あれ、それ」といった指示語も使う必要はありません。

返ってキーワード露出度を意識し過ぎて、キーワードを入れないようにしたらそれも不自然です。ですので普通に記事を書いてみて多すぎたと思えば、その一部分の文章を書き直し、少ない所はキーワードを入れる。

それだけで十分です。それでも不安がある場合は下記の記事でキーワード露出度測定のSEOチェキ!をご紹介していますので調べてみてください。

⇒参考記事:SEO無料チェック4つのサイトをご紹介

2-7:nofollow機能を利用する

これはWordPressを使用している人だけですが…サイト内の巡回を速めるならnofollow機能を使うと良い。このnofollow機能は、自分のページで他サイトなどを紹介した際に、このページより先のリンクは辿らないでくれという命令機能です。

これを使う事で、サイト内からクローラーを外に出す事無く自サイトを巡回させる事が出来ます。そして拾う情報が多ければ多いほど…インデックス数が増えて各記事が検索順位でも上位に浮上する。

直接的ではありませんが…サイト巡回させる事で、大なり小なりアルゴリズムに良い影響があるという事です。

2-8:1記事1キーワードで対策掛ける

また1記事に対して1キーワードの対策を心がける。このノウハウは私のものではなく、あのコンテンツマーケティングに長けているバズ部さんの有益ノウハウです。特に「SEO,対策,ツール,チェック,初心者」と、様々なキーワードを対策対象にすると、力が分散するという考えです。

そこを一本やりの様に1点を貫くために、記事のキーワード対策は1つに絞る事がお勧めです。特にWordPressでは「All In One Pack」というプラグインを導入すれば、各記事毎にメタタグを設定出来ますね。

メタキーワード設定

メタタグ設定の中にあるメタキーワード欄で狙ったキーワードを1つだけ入れて対策を立てます。例えば狙ったキーワードがSEO対策なら「SEO対策」と書き、SEOツールなら「SEOツール」と1つだけキーワードを入れて記事を公開する。

これを毎回、1つずつ狙ったキーワードを設定して情報配信するように心がけてください。

2-10:アンカーテキストの最適化

そして記事では過去の記事同士をリンクを貼ると言いましたが…その際のテキストリンクであるアンカーテキストもSEO評価対象です。もちろん、記事タイトルを1語も間違ずに記入する必要はありません。

ですが記事に関係ないアンカーテキストは返って逆効果です。

例えば…

  • その詳細はこちら!
  • 詳しい話はこちら!
  • 参考記事はこちら!

といった形でアンカーテキスト書いても検索ユーザーからすれば、どこに飛ばされるのかが不明ですね。

ですので…

  • 参考記事:SEO全般についてはこちら!
  • SEO対策の具体的なノウハウはこちら!
  • SEO情報商材レビューはこちら!

という様に「一体何の記事をリンクしているのか?」が検索ユーザーにもクローラーにもわかる様に書きましょう。このようにアンカーテキストを最適化しておかないとサイト全体の評価が下がります。

WordPressならではのSEO内部リンク対策

ここからはWordPressブログ運営しているあなただけにお伝えする内部リンク対策です。普段何気なく使っている機能でもSEO内部リンク対策に繋がる機能もあります。是非、参考にしてください。

XML-Sitemapプラグインの導入

まずはクローラーを呼び込むためのキッカケになるXML-Sitemap(XML-サイトマップ)が必要です。このプラグインを導入し、サイトマップを作ってからGoogle search consoleでインデックス登録をするとクローラーが来てくれます。

そこから情報を拾ってもらってサイト巡回が始まるんですね。なので、まずはクローラーに遊びに来てもらわないと、自サイトへのSEO評価は始まりません。

ですのでWordPressのプラグイン項目から「XML-Sitemap」を検索してダウンロード&インストールしましょう。後は記事を量産しながら、記事から記事へと内部リンク対策を施すと、クローラーがリンクを辿って巡回する場所が増えていきます。

Google search consoleを利用する

またGoogle Search console(グーグル・サーチ・コンソール)という旧Googleウェブマスターツールがあります。実はGoogleのSEOが重視されるのは、もう一つ大きな理由が存在します。

それは…

  • インデックス登録がたった4時間でされる驚異の速度!

これがGoogleSEOの検索技術と言えます。

つまり、意図的にバズりやすい記事を提供できるという事です。例えばTVで話題になった情報を記事に書き起こし、意図的にクローラーにインデックス登録を依頼すると4時間後には、検索結果1~5位に入る事があるという事ですね。

その意図的なインデックスへの登録依頼する方法がGoogle Search consoleです。Google Search consoleにログイン後、クロール⇒Fetch as Googleの順で項目を選択。

コンソールのインデックス登録方法

後はこの空白に記事を公開したばかりのURLをコピペしてインデックス登録の依頼するとクローラーが巡回しに来るので、良質なコンテンツだと判断されれば、その記事の浮上が速くなるので、後はその記事にも記事から記事へリンクして内部リンクを施すと巡回率を上げる事が出来ます。

グローバルメニュー

WordPress者は必ずグローバルメニューを使います。

グローバルメニュー表示

これがグローバルメニューです。

このグローバルメニューもしっかりとリンクを貼り表示させる事でサイト内の巡回が早まりSEO内部対策に繋がります。ですので必ずグローバルメニューは使いましょう!!

パンくずリスト

そしてSEO内部対策を強固にするのはこのパンくずリスト(サイトの階層)です。

パンくずリストの階層

これがパンくずリストですが、このように階層のリンク付きによりクローラーもリンクを辿って巡回しやすくなります。また検索ユーザーも自分が「今、どの階層にいるのか」とか「何のカテゴリを見ているのか」とかが瞬時に分かる様になっています。

まぁ基本的にWordPressには導入されている機能なので、何も心配いりませんが…このパンくずリストも内部リンク対策に影響があると理解しておきましょう。

重要なページから内部リンクを施す

実はクローラーの巡回を広げるにはアクセス数が多いブログ記事から巡回させる事が一番です。そのアクセスが多い記事を「重要という事で高評価になった記事」という事で、内部リンクの対策的には重要なページと呼びます。

その重要なページを起点(軸)に、クローラーが巡回しやすい様に関連する記事をリンクしてクローラーの巡回経路作っていきます。そうする事でPV数も増やす事が出来るのでしっかりと面倒くさがらずに内部リンク対策を立てて行きましょう。

補足:「Site:~」と検索エンジンで人気記事を調べる

では自分のサイトの中で人気記事を知る方法ですが…1つ目は検索エンジンを使って調べる方法です。

Google検索エンジンで人気ページを検索

この様に検索エンジンに「site:自サイトTOPページURL」を入れて調べると…自分のサイトの中で人気順にページが出てきます。つまり1位に浮上している記事が一番アクセス数がある記事だという事です。

ですので、その記事から関連記事をリンクしていきクロ―ラーの巡回を上げていくという事が大事になります。

補足:アナリティクスで人気記事を調べる

もう一つの方法はGoogleアナリティクスを使って人記事を調べる事が出来ます。アナリティクスにログイン後左側の項目を「行動⇒サイトコンテンツ⇒すべてのページ」の順にクリック。

グーグルアナリティクス人気ページ順

人気ページが上から出てくるので、その人気ページを調べ、後はその記事から関連記事をリンクして内部リンク対策を施していく。

このように重要なページから内部リンク対策を施せば、やはりクローラーの巡回率はアップし検索順位も上がりPV数も上がっていく。以上の点から、しっかりと重要なページを見付けてみてくださいね。

まとめ

内部リンク対策はいかがでしたでしょうか?内部リンクと言っても意外に対策方法が多いですね。ですので、ここでもう一度、内部リンクの対策に整理しておきます。

  1. 内部リンクとは:記事から記事へとリンクしてクローラーの巡回経路を作る事
  2. 内部リンク対策:サイト内でクローラー巡回を速め、評価貰える様に対策を施す事
  3. 重要なページ:アクセス数が多い人気記事の事(この記事を内部リンクの起点にする)

以上が主な内部リンク対策法です。

ここで伝えたノウハウは、今現在も有効な手段ですので…何度も記事を読んで完璧に覚えましょう。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

SNSでもご購読できます。

・本格的に稼ぎたい30代のあなたにオススメ教材です!

ua1
私は、この情報教材でアフィリエイト収益0円⇒80,000円以上稼ぐ事に成功しました。今度は、あなたが試してみる番です!

rank3

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)