あまり知られていない超優秀ツール!Googleサーチコンソールとは一体?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Googleサーチコンソールのイメージ画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

あなたはGoogleサービスの一つである「Google search console(グーグル・サーチ・コンソール)をしっかりと使っていますか?もちろん、使わなくてもSEO対策は施せますが…Googleサーチコンソールは、そのSEO対策を万全の状態で整えるためのツール。

Googleサーチコンソール使う事で、自分のサイト(ブログ)がどのように評価・認識されているのかを客観的に見る事が出来ます。

評価と言ってもアナリティクスの様なアクセス的な数字のデータではなく、自分のブログ記事のインデックス数やエラー数などを見る事が出来るのがサーチコンソールの力。

もし今後もSEO対策を万全なものにしたいなら、是非ともGoogleサーチコンソールを理解しておきましょう。

【本記事で学ぶ内容】

  • Googleサーチコンソールとは何かを学べる

Googleサーチコンソールとは

Googleサーチコンソールとは、Google側が提供する無料サービスの一つで、「どの様に自サイトが認識・評価をされているのか」を知る事がツール。

主に下記の様な事を知る事が出来ます。

  • 重要なお知らせ(ペナルティ対象など)をしてくれる
  • インデックス数を知る事が出来る
  • クロールエラー数を知る事が出来る
  • クローラー統計を知る事が出来る
  • セキュリティ問題を知る事が出来る

主にこういった事を詳しく知る事が出来るのがGoogleサーチコンソールの働きです。

ですので今では「Googleアナリティクス・Googleサーチコンソール・Googleキーワードプランナー」は必須のツールと言われています。

Googleサーチコンソールはいつ名前を変えた?

サーチコンソールの名前変更

Googleサーチコンソールは、もともとGoogleウェブマスターツール(旧)と呼ばれており、単にインデックス依頼をするためのツールでした。ですので主にツールという概念はなく、ただクローラー(Google bot)に自分サイトをを巡回する様に依頼するだけのもの。

しかし、Google側は、Google検索エンジンを使用する全てのサイトをクロ―ラーの対象にするため、2015年5月20日に「ウェブマスター」から「サーチコンソール」と呼び名を変えました。

ただし主な機能については…ほとんど「変更はない」と聞いています。

Googleサーチコンソールのメリット&デメリット

サーチコンソールのメリットデメリット

3-1:Googleサーチコンソールのメリット

Googleサーチコンソールには下記の様なメリットがあります。

  1. 重要なお知らせ(ペナルティ等)がある
  2. Googleアナリティクスと連動する事が出来る
  3. Google検索エンジンの掲載順位等がわかる
  4. 検索クエリでどの記事が浮上しているのかわかる
  5. クロールエラー数・エラーの原因がわかる
  6. クロールの統計情報がわかる
  7. サイトのインデックス(クロール)依頼が出来る

という部分が主なメリットになります。

特に「記事修正後のインデックス依頼」や今現在どのくらい自分のサイトから検索流入率があるかを知るための「検索エンジンの掲載順位」などは頻繁に確認しておきたい項目。しかもGoogleサーチコンソールなら具体的な数値や図表で全て確認出来る。

つまり、ユーザー視点とクローラー(Google bot)視点から客観的に自分のブログの立ち位置を確認する事が出来ます。

3-2:Googleサーチコンソールのデメリット

逆Googleサーチコンソールには下記の様なデメリットがあります。

  1. 集計データの遅れが存在する
  2. 専門用語が多く初心者には扱いづらい
  3. エラー等の確認は出来ても直接的な打開策はない

という部分がデメリットにあたります。

特にデータは正確であり、迅速な方が好まれます。しかし優秀なツールとはいえ、どうしてもデータの集計に遅れや誤差は出るし、専門用語が多く「結局どこをどう修正すればいいの?」となる。

ですが、それも「サーチコンソール 〇〇を修正する」と調べればいくらでも対処の仕方があるので安心です。

Googleサーチコンソールでよく使う4つの項目

4-1:検索での見え方の確認

「検索での見え方」という項目では下記の6項目が確認できます。

構造化データ
構造データのエラー数とアイテムの確認できる(Google検索エンジンの表示結果には影響なし)

リッチカード
WEBサイト上の製品・CRなどのデータをGoogleに提供できる

データハイライター
HTMLの変更なしで構造データをお手軽に作成できる

HTMLの改善
インデックスが出来ないコンテンツ・重複メタデータ(メタディスクリプション等)・重複タイトルなどが確認できる

Accelerrated Mobile Pages
低速なネットでもモバイル端末でページを素早く読み込み綺麗に表示できる

4-2:検索トラフィックの確認

「検索トラフィック」という項目では下記の6項目が確認できます。

検索アナリティクス
検索アナリティクスでは、実際に「合計クリック数・合計表示回数・平均CTR・平均掲載順位」など具体的な数字と図表で今現在の自分のWEBサイト評価がわかる

サイトへのリンク
サイトへのリンクでは「リンク数の最も多いリンク元・最も多くリンクされているコンテンツ数・データのリンク設定」がわかる

内部リンク
内部リンクでは実際に自分のサイト上で施してる「内部リンクの数」と「コンテンツページ(各記事)URL」がわかる

手動による対策
手動による対策では、手動によるウェブスパム数がわかる。(普段から不正行為をしていなければ基本的に何も表示されません。)

インターナショナルターゲティング
インターナショナルターゲティングとは「地域(国)と言語設定に基づいたターゲット」の事。設定するにはWEBサイト上で「hreflangタグ」を使用しないと反映はされません。

モバイルユーザビリティ
モバイルユーザービリティとは、モバイル端末からサイト表示した際に「閲覧できない・表示が遅い・コンテンツがわかりにくい」などがあった場合のエラー数が図表で確認できる

4-3:Googleインデックスの確認

「Googleインデックス」という項目では下記の3項目が確認できます。

インデックス ステータス
インデックス ステータスと、は自分のブログコンテンツ(記事)の「インデックスに登録されたページの総数・ロボットによりブロック済み・削除済み」など図表で詳しく知る事が出来る。このインデックス総数が増えると、それだけ自分のブログ記事の露出が増えるので、自然とアクセスは向上します。

ブロックされたリソース
ブロックされたリソースでは、自分のサイトのリソースがGooglebotに対してブロックされた時に表示されます。基本的には「ブロックされたリソースは見つかりませんでした。」と表示されているはずなので何も問題はありません。ただし、ブロックされた場合はGooglebotがページ上の重要なリソースを拾えず、そのページは正しくインデックス登録されない場合があります。

URLの削除
URL削除では、一時的に削除したURL数の確認ができる。ただコンテンツを永遠に削除するにはソースページの削除または更新が必要です。(つまりコンテンツページを永久削除する際は、自分のブログからコンテンツを削除する事です。)

4-4:クロールの確認

「クロールの確認」という項目では下記の6項目が確認できます。

クロールエラー
クロールエラーでは、クローラーがサイトを訪れ時に見つけたエラー数を図表で詳しく知る事ができる。ここで表示されたエラー数は、さほど気にする必要はありませんが、個々に記事を確認する事も修正済みにする事も出来ます。

クロールの統計情報
クロールの統計情報では、最近90日間の「Google bot」の活動履歴であり「1日あたりのクロールされたページ数・1日にダウンロードされるキロバイト(KB)数・ページのダウンロード時間 (ミリ秒)」をそれぞれ図表で確認する事ができる。

Fetch as Google
Fetch as Googleでは「ウェブサイトのページがGoogleでどのように表示されるか」を確認でき、インデックス依頼をする事ができる。つまり、新コンテンツを作った際に、そのURLをFetch as Googleからインデックス依頼するとクローラーがあなたのサイトに素早く訪れ、最短で記事掲載から約4時間で検索結果に表示されると言われています。また新コンテンツだけでなく、旧コンテンツを修正した際にも「取得してレンタリング」でインデックス依頼すると速めに修正した記事が検索結果に表示されるようになります。

robots.txtテスター
robots.txtテスターでは「robots.txt を編集・エラー数・警告数・URLのブロック有無のテスト」ができます。基本的にはクローラー(Google bot)は巡回してくれるので問題ありませんが、もし、ブログを立ち上げて3ヶ月以上経つのに検索結果に表示されない場合は、一度robots.txtテスターを使いましょう!そしたら表示されない原因がわかります。(知らずにサイト設定で検索表示されない様にしている場合があります)

サイトマップ
サイトマップでは、実際に自分のブログで作ったサイトマップの「送信数・インデックスに登録済み数・エラー数・警告数」を具体的に数字と図表で知る事が出来ます。インデックス数を増やすには…当然、記事の量産が必要なので丁寧にコンテンツを作っていきましょう。

URLパラメータ
URLパラメータでは、Googleがサイトをより効率的にクロール出来る様にURLの処理をする事ができます。ただし、基本的にはいじる事はないので放置していても構いません。

Googleサーチコンソールの使い方

ではGoogleサーチコンソールとはどんなツールで何が出来るのかを知ったら、今度は使い方をマスターしましょう!Googleサーチコンソールの使い方(図解入り)は、下記の記事で詳しく解説していますので是非参考にしてください。

⇒参考記事:Googleサーチコンソールの基本的な使い方

まとめ

Googleサーチコンソールは、正直無料ツールの中でもかなり最強クラス!!絶対に使っておきたいGoogleツールです。特にGoogleアナリティクスだけではアクセスの増減の原因がわからない時があります。

そんな時にGoogleサーチコンソールを使う事で「どこにその原因があり、いつぐらいから影響を受けたのか?」を集計データの波形(はけい)で確認できる。以上の点からGoogleサーチコンソールは普段からある程度、使える様にしておきましょう!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1日たった3時間!PC1つで月5万円以上を稼ぐ全手法をあなたは知りたくありませんか?

私も「アフィリエイトをブログで始めて稼いでみたい!でも実際、何から始めたらいいのか…」と、あなたは困っていませんか?


確かにアフィリエイトは今や様々な稼ぎ方が存在します。なのでネットで流れている情報に困惑するかもしれませんね。


しかし、私がやってきた「この方法」なら、ブログをビジネス用で使った事がない30代の方でも1日3時間の作業で十分にお小遣い稼ぎは可能です。さぁ今すぐあなたも始めてみましょう!


また私のメルマガ購読者限定で…私から“豪華特典を累計23本を配布”させて頂きます。


Coming soon!

SNSでもご購読できます。

・本格的に稼ぎたい30代のあなたにオススメ教材です!

ua1
私は、この情報教材でアフィリエイト収益0円⇒80,000円以上稼ぐ事に成功しました。今度は、あなたが試してみる番です!

rank3

コメント

  1. トシカズ より:

    ハルさん、こんばんは!
    今回も有能な情報ありがとうございます。
    私も使っております。無料でまさに最強クラスですね。
    応援していきます。

    1. トシカズさん、おはようございます!
      お返事が遅れました。

      いつも私の情報がタメになると仰って頂きありがとうございます。
      こういった便利ツールは本当に使わなければ勿体ですよね(笑)

      今後も有益な情報を日々配信できるように努力していきます!
      いつも温かいコメントありがとうございます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)