超便利で簡単解説|Googleサーチコンソールの基本的な使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

あなたはGoogleアナリティクスだけで満足していないだろうか?確かに、アクセスアップやアクセス管理についてはアナリティクスだけでも十分かもしれませんね。

しかし、正しい集計データやエラーの原因などについては、アナリティクスだけなくGoogleサーチコンソールを使った方が確実です。サーチコンソールは自動検知して、ペナルティの原因等も全て教えてくれます。

なので、この記事では正しいブログ運営を目指すためにGoogleサーチコンソールの基本的な使い方を覚えましょう!

【本記事で学ぶ内容】

  • Googleサーチコンソールの正しい使い方がわかる

なぜサーチコンソールを使う必要があるのか?

Googleサーチコンソールを使う理由…

  1. アクセス減少・下降による原因追求のため

これが第一です。

確かにアナリティクスでもある程度の原因を知る事は出来ますが…アクセスが減少する理由は様々。なので正しい原因追及のためにはGoogleサーチコンソールの使用が欠かせません。

逆に言えばGoogleサーチコンソールとアナリティクスさえ使えれば、ほとんどのアクセス減少の原因は掴めるという事。またSEO対策としてもサーチコンソールは非常に重要なツールと言えますので、しっかりとこの記事で使い方をマスターしましょう!

サーチコンソールは何が出来るのか?

Googleサーチコンソールは以下の様な事が出来ます。

  • Googleアナリティクスとの連動
  • 自分のブログ/サイトのペナルティの有無
  • 検索アナリティクスでページ掲載順位を知る
  • コンテンツのインデックス依頼をする
  • 構造化データのエラー数を知る
  • クロールエラーの原因を知る

これが基本的に出来る事です。非常に便利ですね!

さらに、こういった内容を具体的な「数字+図表」でわかれば対処方法もおのずと決まってくるのでブログやサイトの運営もより安心出来ます。

サーチコンソールの基本的な使い方

2-1:重要なメッセージの確認!

サーチコンソールのメッセージ

メッセージをクリック。

このメッセージから「Googleペナルティの有無」や「Increase in not found errors(404等を含む、見つからないページが増加している)」といったお知らせを受ける事が出来ます。

ですのでWEBサイトのアクセス減少などの原因を素早く知る事が出来ます。(ただ英語表示なので少し面倒ですが…)

2-2:構造化データのエラー数確認!

サーチコンソールの構造化データ

「検索での見え方⇒構造化データ」の順にクリック。

主に構造化データで「hentry」欄に「author がありません」「entry-title がありません」「updated がありません」といったエラー数が多いとSEO評価に響くそうなので、出来ればエラーを解消した方が良いとされています。

私の場合はXeoryというバズ部さんが提供するWPテーマなので対処方法が少し違います。もし私と同じXeoryを使っている方でエラーを対処したい方は下記のサイトの記事が非常に参考になるので是非とも活用してみてください。

⇒参考サイト:構造化データのエラーが出た時の対処法

2-3:検索アナリティクスで掲載順位の確認

サーチコンソール掲載順位

「検索トラフィック⇒検索アナリティクス」の順にクリック。

ここから「クリック数・表示回数・CTR・掲載順位」の全てにチェック入れる事で実際の掲載順位を見る事が出来ます。ここで掲載順位が「平均10位以内」ならSEO検索結果では、かなり上位にいるのでアクセスも安定していると言われていますね。

私の場合は、もともと「38位」でありエラー等の改善で、ようやく32位へと改善されてきました。(WPテーマ変更によるSEO内部構造の影響です)

もし、掲載順位が20位以降なら…

  1. 良質なコンテンツの量産
  2. 過去記事タイトル・内容の改善
  3. 個々の記事毎のメタタグ設定
  4. 個々の記事毎のパーマリンク設定

といった対処法を施してみてくださいね。ブログアクセス改善に繋がりますので。

2-4:インデックス ステータスの確認

サーチコンソールのGoogleインデックス

「Googleインデックス⇒インデックス ステータス」の順にクリック。

このページでは「インデックスに登録されたページの総数」を折れ線グラフで確認する事が出来ます。インデックスの総数が増えれば増えた分だけアクセスが増えるとされています。その理由はインデックス数が増えるという事はそれだけコンテンツが増えているという事です。

ですので良質なコンテンツを増やせば、自然と検索エンジンからの検索流入率が増えます。また「詳細」をクリックすると「ロボットによりブロック済み」も同時に確認でき、0であれば問題なくインデックス送信はされています。

2-5:クロールエラーの確認

サーチコンソールのクロールエラー

「クロール⇒クロールエラー」の順でクリック。

このページでは、実際にGoogleクローラー(Google bot)がサイト巡回した際に「何らかの理由で表示されないページ」がある事を確認する事が出来ます。

ただ、このページではエラー数が多くても、見つからないページが「404設定」になっていれば何も問題はありません。(基本的にWPテーマには404設定は自動で組み込まれていますので)

また特にエラーが多いからと言ってクロールエラー数はSEOに影響しないので安心してください。

2-6:クロール統計の確認

サーチコンソールのクロールエラー統計情報

「クロール⇒クロール統計情報」の順でクリック。

クロール統計情報ではクローラーの巡回率をグラフで知る事が出来ます。この折れ線グラフの数値が高ければ高いほど…サイトへの巡回率が高く、クローラーからSEOが高評価だと認識されている証拠になります。

ですので、このクローラー訪問が高まる様に日々良質なコンテンツを用意し、不正のないサイトを心がけて運営しましょう。

2-7:Fetch as Googleでインデックス依頼

サーチコンソールのFetch as Google

「クロール⇒Fetch as Google」の順でクリック。

このページでは、作ったコンテンツを意図的にインデックス依頼する事が出来ます。つまり早い話が…「クローラーに新しいコンテンツを作ったから巡回しに来てくれ!」とお願いする事が出来るという事です。

またこのページでは過去に作った記事を修正し、その記事のURLでインデックス依頼する事で、いち早くクローラーに修正した事を伝える事も可能です。まぁ実際は、特にインデックス依頼をしなくても日数が経てば検索エンジンに浮上しますが…なるべく早く浮上させる事が目的なら記事作成後は必ずインデックス依頼をしましょう。

ちなみにインデックス依頼する事で、新しく作ったコンテンツは良質なら「たったの4時間」で検索エンジンに浮上します。

Googleアナリティクスも使える様にしておこう!

GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスは兄弟ツールと言えます。ですのでこの機会にGoogleアナリティクスの使い方も同時に学んでおきましょう!使い方は下記の記事で詳しく図解入りで解説しています。

⇒参考記事:Googleアナリティクスの基本的な使い方

まとめ

以上がGoogleサーチコンソールの基本的な使い方です。正直、アフィリエイト目的のサイトやブログならこの程度の知識で十分ですね。

というのもいくらツールに詳しくなっても収益にはさほど影響はしませんので(笑)それよりも大事な事は無料ツールで必要最低限使える状態にしておき、良質なコンテンツを1つでも多く作る事です。

それが出来れば自然とアクセスは向上し、それでも増えない場合のみアナリティクスとサーチコンソールでアクセス減少の原因を探ってみましょう!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1日たった3時間!PC1つで月5万円以上を稼ぐ全手法をあなたは知りたくありませんか?

私も「アフィリエイトをブログで始めて稼いでみたい!でも実際、何から始めたらいいのか…」と、あなたは困っていませんか?


確かにアフィリエイトは今や様々な稼ぎ方が存在します。なのでネットで流れている情報に困惑するかもしれませんね。


しかし、私がやってきた「この方法」なら、ブログをビジネス用で使った事がない30代の方でも1日3時間の作業で十分にお小遣い稼ぎは可能です。さぁ今すぐあなたも始めてみましょう!


また私のメルマガ購読者限定で…私から“豪華特典を累計23本を配布”させて頂きます。


Coming soon!

SNSでもご購読できます。

・本格的に稼ぎたい30代のあなたにオススメ教材です!

ua1
私は、この情報教材でアフィリエイト収益0円⇒80,000円以上稼ぐ事に成功しました。今度は、あなたが試してみる番です!

rank3

コメント

  1. アニー より:

    こんにちは、アニーです。
    googleサーチコンソール、アナリティクスとても便利そうですね。

    初めて知りました。
    勉強になりました。

    1. アニーさん、おはようございます!
      お返事が遅くなり、すみませんでした。

      今やGoogleサービスは絶対に欠かせない便利ツールですね(笑)ここういっうた機能が無料で使える事が何よりも素晴らしいと言えます^^

      いつもコメントありがとうございます!

  2. トシカズ より:

    ハルさん、こんにちは。
    googleサーチコンソール、これはもう必需品ですよね!
    今日も応援完了です。

    1. トシカズさん、おはようございます!
      いつもお返事が遅くすみません。

      そうですね!サーチコンソールは波形データで具体的な評価を客観的に見れるのでまず外せないツールです。
      やはりWEB運営に欠かせないのはデータ取りかもしれませんね(笑)
      いつもコメントありがとうございます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)