ブログ│GoogleSearchConsole(グーグルサーチコンソール)の導入法

目安時間:約 12分
Googleサーチコンソールの導入のやり方

Google search console(グーグル サーチ コンソール)をあなたは使っているだろうか??もちろん、ブログのアクセス数を確認し、今の状況を把握するだけなら… Googleアナリティクスだけで十分かもしれませんね。

 

しかし、グーグルサーチコンソールでは、アナリティクスにはない、Google検索エンジンの各機能を一式確認が可能です。そこで!この記事ではグーグルサーチコンソールの導入方法をご紹介します。

 

WEBブログを運営するアナリティクスと合わせて使用したいGoogleサービスの一つなので… サーチコンソールを導入していない人は是非とも最後までお読みください。

 

Google search consoleで出来る事とは?

Google search consoleでは、アナリティクスにはない重要な事柄がすべて確認できます。

 

  • メッセージの確認
  • 検索での見え方の確認
  • 検索トラフィックの確認
  • グーグルインデックスの確認
  • クロールの確認
  • セキュリティの確認

 

主に上記の内容を確認できます。これらはアクセス数やユーザー数を確認するアナリティクスと違い 主に“ブログ改善をする”際に役立つGoogleサービスになっています。

 

「自分のサイトになぜ訪問数が少ないのか?」とか「記事を増やしてもアクセスが増えない原因は何か?」とか 「なぜ急に検索順位が下降しているのか?」などの“細かな原因”を早急に見つけるツールがグーグルサーチコンソールです。

 

ですので「アナリティクスだけ導入してれば大丈夫」と安堵せず、サーチコンソールも必ず使用しましょう!

 

※最低でも覚えておきたい項目と使用方法(使い方)

 

  • メッセージ⇒「手動ペナルティ等」のお知らせ確認
  • 検索での見え方⇒「HTMLの改善項目」で重複メタタグなどの確認
  • 検索トラフィック⇒「検索アナリティクス項目」で各記事の訪問数が確認
  • Googleインデックス⇒「インデックスステータス項目」で記事登録数の確認
  • セキュリティの問題⇒サイトに及ぼすセキュリティ問題の確認
  • クロールの確認⇒「クロールエラー項目」で404(見れない)記事数の確認
  • クロールの確認⇒「クロールの統計情報項目」でクローラーのサイト巡回数値の確認
  • クロールの確認⇒「サイトマップ項目」から今現在のサイトマップ数の確認

 

Google search consoleの導入方法

Google,Googlesearchconsole導入方法

ではここからはGoogle search consoleの導入方法について手順紹介していきます。 アナリティクスと連動も出来るので必ず導入しましょう!

 

手順1:Google search consoleへログイン

Googleサーチコンソールログイン

 

⇒公式サイト:Google search consoleログイン

 

まずは自分が持っているGメールアカウントを使ってサーチコンソールへログインしましょう。

 

手順2:search consoleにWEBサイトURLをコピペ

GoogleサーチコンソールWEBサイト追加

 

続いて、この空白に自分のWEBサイト(ブログ)のTOPページのURLをコピーしてペーストし、「プロパティ追加」をクリック。

 

手順3:所有権確認後は別の方法を選択

Googleサーチコンソール別の方法を選択

 

所有権が確認された後は…「おすすめの方法」と「別の方法」があります。 ここは「別の方法」を選択しましょう!(← 一番簡単なやり方ですから!)そしてHTMLタグを選択します。

 

手順4:HTMLタグ選択後に表示されるメタタグを全コピー

Googleサーチコンソールメタタグ導入方法

 

するとこの様にメタタグ(metaから始めるHTML記述)が出てくるので、それを全選択+コピーします。

 

手順5:自サイトの<head>~<head>内に導入するだけ!

Googleサーチコンソールのメタタグ挿入場所

 

後はコピーしたサーチコンソールのメタタグを“自サイトにある<head>~<head>内に直接導入するだけ”です。後はこのままブログ側で「保存」します。

 

なお、Googleサーチコンソールのメタタグ導入法に関しては…「あなたが使用しているブログで導入する場所が変わるので注意」しましょう!!

 

ここでは例としてワードプレスを題材にして説明していますが…ワードプレスの場合は「管理画面⇒外観⇒テーマ編集⇒テーマヘッダー」の中にある<head>を探し、その下にサーチコンソールのメタタグを挿入します。

 

手順6:メタタグ導入後は確認をクリック!

Googleサーチコンソール確認をクリック

 

自サイトへメタタグのペーストが終わり、ブログの方で更新(保存)をしたら、 最後に必ずサーチコンソールのHTMLタグを選択した画面の下にある「確認」ボタンをクリックしましょう。

 

これを最後まで行わないと所有権の確認が取れず、サーチコンソールの管理画面が使用できませんので、 忘れずに行ってくださいね!

 

 

予備知識:サーチコンソール導入法(WPの場合)

WordPress(ワードプレス)を使用している場合は、管理画面から「外観項目にあるテーマ編集」をクリック。 そこからさらに右側に表示される「テーマヘッダー」という項目をクリック。

 

テーマヘッダーの項目を開いたら、<head>という表記があるのでその下にペーストします。

 

<head>
<meta name="google-site-verification" content="あなたのコード" />
……
……
</head>

 

という感じでペーストしてください。後は「ファイルを更新」をクリックし、 サーチコンソールのHTMLタグを選択した画面の下にある「確認」ボタンをクリックして終了です。

 

※上記にある…の表記説明

上記にある「…」という表記は、この記事上で説明をわかりやすくするため「他のHTML記述ですよ!」という意味で使用しています。 なお実際のHTML編集には「…」の表記はないので混同しないで下さいね。

 

予備知識:サーチコンソール導入法(FC2ブログの場合)

FC2ブログの場合は、管理画面から「テンプレート設定」をクリックし、 今現在、使用しているブログテンプレートの「HTML・CSS」の編集をクリックします。

 

その際に。HTML編集と書いてある項目の中に必ず、<head>から始まる表記があるので、そのHTML記述の下にペーストします。

 

<head>
<meta name="google-site-verification" content="あなたのコード" />
……
……
</head>

 

という感じでペーストしてください。(※やり方自体は、先ほどのWPの時と同じ!)それが出来たら「更新」をクリックし、 最後はサーチコンソールのHTMLタグを選択した画面の下にある「確認」ボタンをクリックして終了です。

 

予備知識:サーチコンソール導入法(アメブロの場合)

アメブロの場合は管理画面から、まず「記事を書く」をクリックし、そこから「設定・管理項目」をクリック。 そこから「外部サービス連携」をクリックして「ウェブマスターツールの設定」をクリック。

 

その後は空白スペース内に先ほどのサーチコンソールのメタタグをそのままペーストして「設定する」をクリック。 後はサーチコンソールのHTMLタグを選択した画面の下にある「確認」ボタンをクリックして終了です。

 

予備知識:サーチコンソール導入法(はてなブログの場合)

Googleサーチコンソール抜粋してコピー

はてなブログの場合は、サーチコンソールで「別の方法⇒HTMLタグを選択する」所までは同じですが、 その後の表示されたメタタグは全てをコピーしません。

 

<meta name="google-site-verification" content="あなたのコード" />とある表示の中の「content="あなたのコード"」にある「""の中の部分だけを抜粋してコピー」します。 決して""まではコピーしませんので間違えないように気を付けましょう。

 

コピーしたら、はてなブログの管理画面から「設定⇒詳細設定」の順にクリックし、解析ツールとある項目の中の Google search consoleという項目があるので、その中にペーストしましょう。

 

それが出来たら「変更」をクリックし、最後はサーチコンソールのHTMLタグを選択した画面の下にある「確認」ボタンをクリックして終了です。

 

導入時にエラーが起きたら?

ちゃんと落ち着いて手順通りやれば問題ありませんが…もし万が一でもエラーが起きたら、再度「別の方法⇒HTMLタグ」をクリックしてそこに発行されたメタタグをコピーし、 自分が使用しているブログの設定場所に正しく導入しましょう。

 

またよくあるエラーとして複数のブログを所有していると…登録かけたWEBサイトと、サーチコンソールで発行されたメタタグの導入先ブログを間違える事があります。 そこも含めて確認してみてください。基本的にはそれだけ対処できる内容ですので^^

 

まとめ

Google search console(グーグルサーチコンソール)は、ものすごく便利なうえにアナリティクスと連動する事が可能です。

 

連動すると、アナリティクスからもサーチコンソールのランディングページ等が確認が出来るというだけの事ですが…それでも二つのサービスを無料で使うに越した事はありません。

 

Googleのアナリティクスとサーチコンソールはプロもアマも問わず、使用できる便利ツールですのでしっかりと使いこなしていきましょう!

 

特にサーチコンソールから確認できる「クロール統計情報」と「検索アナリティクス」はかなり役に立ちます(笑)自分のブログ状況が数字で確認できるのは自己管理する上では欠かせないので利用してみてくださいね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

カテゴリ:SEO対策  [コメント:6]

コメントは6件です

  1. とっしぃ より:

    こんにちわ!とっしぃと申します。
    グーグルサーチコンソールについてものすごく細かく説明が書いてあって
    しかも画像入りでとても分かりやすかったです
    ありがとうございます!!

    • halu より:

      とっしぃさん、こんばんは!
      お返事が遅くなり、すみません。

      当ブログを運営しています
      ブログアフィリエトマスター:ハルと申します。

      私の記事がとっしぃさんの参考になれば幸いです^^
      またいらしてくださいね!

  2. Manohiro より:

    はじめまして、
    ブログランキングから訪問させて頂きました。
    アフィリエイトを始めましたManohiroと申します。

    同じようにユーチューブにも分析のグラフがあります。
    何も設定しなくても良いので助かります。

    • halu より:

      Manohiroさん、こんばんは!
      お返事が遅くなり、すみません。

      当ブログを運営しています、
      ブログアフィリイエトマスター:ハルと申します。

      確かにYouTubeにも解析はありますね!
      便利な世の中になりました(笑)

      またいらしてくださいね!

  3. しょうり より:

    こんにちは
    詳細な解説ありがとうございます。
    さっそくグーグルコンソール導入していこうと思います!

    • halu より:

      しょうりさん、こんばんは!
      お返事が遅くなり、すみませんでした。

      サーチコンソールは、非常に便利なので
      是非とも使用してみてくださいね!

      またいらしてください^^

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

ページの先頭へ