コンテンツマーケティングで記事の質を極限まで高める5つのテクニック

コンテンツイメージ画像

どのように考えて行動すれば相手に必要と思ってもらえる有益な記事を作る事が出来るのか?とあなたは日々悩んでいないだろうか?実はブログ記事の質を上げる事はさほど難しい事ではありませんが…「考え方・行動力・テクニック(ライティングスキル)」は必要です。

実際に私も記事は量産すればアクセスは増えるという事ばかり気にかけて行動してきました。ですが、100記事書いても200記事書いてもアクセスは全く上がらず…。

その原因を追究したところ…“コンテンツマーケティングの意識が低い事が原因”だとわかりました。そこでこのページではブログの要(かなめ)ともいえる“記事の質”をあげる方法についてご紹介していきます。

【本記事で学ぶ内容】

  • コンテンツマーケティングが理解できる
  • 記事の質をあげる全体構造がわかる
  • 記事の質を上げるテクニックがわかる

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは自身の提供するコンテンツ(内容)を充実させ、顧客のニーズを満たすしビジネスに繋げる事。そのためにはブログ内での情報提供・記事の構造・記事の書き方など改善すべき部分が多々あります。

まずはコンテンツマーケティングの魅力について語ります。

コンテンツマーケティングの魅力

コンテンツマーケティングには大きな魅力がある。

  1. 記事が信用してもらえる!
  2. 記事の質がアップする!
  3. 情報を有益情報へと昇華できる!

以上がコンテンツマーケティングの最大の魅力。これらの魅力はアフィリエイト書籍や情報商材などではまず身に付きません。

コンテンツマーケティングのメリット

またコンテンツマーケティングの魅力とは別にメリットが存在します。

  1. 記事がシェアしてもらえる
  2. 記事にコメントが増える
  3. 文面で共感・親近感を出す事が出来る
  4. 最後まで読んでもらえる記事が書ける
  5. 表現力が自然とアップする
  6. 濃い情報を読者に提供できる
  7. 記事配信に自信が付く
  8. SEO集客が増える

といった素晴らしいメリットがあります。是非とも今日からコンテンツマーケティングを意識してみて欲しい。

コンテンツマーケティングのデメリット

またコンテンツマーケティングにもデメリットが発生します。

  1. 1枚の記事を書くのに時間がかかる
  2. あらかじめ知識を増やしておく必要がある
  3. 各内容項目が重複しないように心掛ける
  4. 記事の最後にまとめが必要になる
  5. 記事全体のバランスを考える必要がある

というように素晴らしい一面がある分だけ、1枚の記事を作るのに難易度があがる。ただし、こういったデメリットを超えた先にメリットがあり、実際に体得するまで時間は掛かりますが…一生モノのスキルですのでぜひ手にして貰いたい。

ブログ記事の質を高める具体的な情報提供の仕方

ブログ記事の質を高めるというのは何も、自分が持っている濃い情報をそのまま文章に書き起こして情報提供する事ではありません。自分が持つ情報を正しく提供し、必要とする人に最後まで読んでもらうため工夫が必要です。

ここでは情報提供の土台となる記事全体構造についてお伝えしていきます。

記事の全体構造を覚える

まずは自分が持つ情報を正しく伝えるために記事全体の構造を理解しましょう。

下記の図を見てください。

記事全体構造の画像

これが記事の全体構造。

実に読まれる記事というのは“読まれるための記事プロセス(過程)”が存在します。つまり、この流れに沿って情報を整理しながら提供する事で「共感される・読まれる」記事が作れるというワケです。

それぞれ箇条書きで骨組み全体作成

それでは各項目ごとの骨組みについてお話します。これは“情報の肉付け”するために最も重要な作業工程です。要するに、記事の質を高めるには欠かせない作業と言えます。ですので、しっかりと覚えて無意識でもできるくらいまで自身のレベルを上げていきましょう。

記事タイトル

記事タイトルでは読者が興味をそそるように書くことが重要です。しかし、その前に大事なことは…下記のポイント!

  1. ニーズ:悩み
  2. ベネフィット:利益・得
  3. 簡便性:手軽さ・簡単さ

この3つのポイントから作る事が最も大事。ですので単純にテクニック(数字を含む・期間を含むなど)で表現しているだけではコンテンツマーケティングになりません。まずは小手先テクニックよりもこの3つのポイントを意識して記事タイトルを作りましょう。

例えば「記事の質をアップさせる書き方」に関する内容で記事タイトルをつける場合はどするのか?

  • 記事の質を上げる書き方

これではニーズが含まれていますが訴求力に欠けます。そこでベネフィットを考えましょう。ベネフィットとは「記事を読む人にとってどんな得があるのか?」という事です。

  • 最後まで記事が読まれる質をあげる書き方

この記事タイトルでは「最後まで記事が読まれる」という部分がベネフィット。つまり「この記事を読めば、最後まで記事が読まれる方法を知る事が出来る」という得を記事タイトルで伝えています。

ですが、これでは面倒に感じる人もいるかもしれません。そこで簡便性を含んでみましょう。簡便性とは「記事を読む人にとってどれくらい簡単であるか」という事です。

  • 記事質アップ|最後まで読まれる記事を作る正しい6つの手順

この「6つの手順」が簡便性です。やるべき事が6つしかないなら誰でも出来るという簡便性が表現されます。このように記事タイトルは「ニーズ・ベネフィット・簡便性」が伝われば記事タイトルの作り方は十分といえます。

冒頭文の考え方ーハル式!PAS(パス)の法則

冒頭では「問題提起・親近感・解決策」を書く事が望ましいといえます。今までは問題提起・不安要素・根拠・解決策としていましたが…WEBマーケティング的に、こちらの方が記事の開封率が変わるという事がわかりました。

ですので「問題提起・親近感・解決策」についてさらっとまとめて書きましょう。

  • 問題提起:Problem
  • 親近感:Affinity
  • 解決策:Solution

この頭文字をとってPASの法則。もちろん、元はPASONAの法則で、モノを売るときに使うノウハウ。これを通常記事に当てはめて私が勝手にPASの法則として使用しています。

例)記事の書き方について書く場合の冒頭文。

記事の質を上げる方法について悩んでいませんか?(問題提起)

私もこの方法を取り入れるまでは全く記事を作る事も出来ず
1記事作るのに2時間以上掛かってました。

ですが、この方法を知ってから、私は1時間程度で作成できる上に
「ハルさんの記事は読みやすい!」と高評価を受けられるまでに!!(親近感)

では私は一体どんな方法を取り入れて記事の質を上げているのか?
このページではそのノウハウについて具体的にお伝えしています。(解決策)

このように冒頭でまとめて内容を肉付けして本文に話を繋げていく。冒頭文が当たり前に書ければ、記事を最後まで読んでもらう事はできます。

本文の考え方-提案(offer)で内容を埋める!

記事の本文では伝えるべき事は一つ!

  • 提案:offer(原因・ノウハウ・メリット/デメリット・解決策・図解説明など)

この1つです。

顧客のニーズ読み取り、「なぜ自分だけうまくいかないのか?」とか「そもそもどうゆう意味があるのか?」とか「どのようにすればよくなるのか?」という事を伝える場所―それが本文です。

相手の悩みを解決する情報を提供するには、まず“顧客ニーズを知る必要がある”わけです。そこで下記に顧客ニーズを読み取る方法を詳しく解説しているので、こちらの記事を参考にしてください。

参考記事:今でもアフィリエイトが稼げる理由と考え方

顧客ニーズが分かれば、本文は全て提案形式で作れます。例えば“記事の書き方について困っている人”はどんな事を考えるでしょうか??

  • 記事がうまく書けない原因とは?(原因)
  • 記事がうまく書けると得する事はあるか?(メリット)
  • 記事がうまく書ける事で損する事はあるか?(デメリット)
  • 記事の質を上げる手順とは?(具体的なノウハウ)
  • 記事の質を高めるために必要な考え方とは?(解決策)
  • 記事の質を高めるために必要なツールとは?(解決策)

このような潜在的ニーズが眠っています。それをあなたが提案(原因・メリット・デメリット・ノウハウ・解決策など)を箇条書きにして提供する情報の骨組みを作る。あとは、各項目を1つずつ肉付けをして情報を濃くしていけばOKです。

結論(まとめ)の考え方-伝えたい事を言葉にする!

記事の結論とは簡単に言えば“まとめ”です。「この記事で最終的に何を意識してもらいたいのか?」を伝える部分です。これも記事により様々ですが…下記のような事を考えて伝えられれば十分です。

まとめの書き方

  1. 手順を再度まとめるて伝える
  2. 補足知識・コラムを伝える
  3. 記事で1番意識して欲しい事を伝える

このような事を考えて書き起こせば結論はOK。なるべく長すぎないようにして伝える事が重要です。

全ての工程を組み合わせて1枚の記事にする

では、ここで伝えた事を全て1枚の記事に詰め込んで骨組みを作ってみましょう。

記事タイトル(ニーズ・ベネフィット・簡便性)

誰でも○○を今日で××変える超具体的な4つの方法をご紹介

↓↓ ↓↓ ↓↓

冒頭文(PASの法則)

あなたは○○について悩んでいないかな?(問題提起)

私も今までは○○という状況で悩みうまくいきませんでした(親近感)

そこで!このページでは○○を解決する方法をお伝えします(解決策)

↓↓ ↓↓ ↓↓

本文(提案)

  • まず○○とは一体何なのか?(原因)
  1. ○○を解決するために必要なこと
  2. なぜ○○で行き詰るのか?
  3. どれだけ努力しても○○になってしまう原因とは?
  • ○○を××に変える超具体的な4つの方法(ノウハウ)
  1. まず○○から□□へ意識を変える!
  2. □□から××へ変える仕組み
  3. ××をより掘り下げるテクニック
  4. ××の情報を読者に正しく伝えるノウハウ

↓↓ ↓↓ ↓↓

結論(まとめ)

○○から××へ変える事で読者から必要とされるブログになります!

以上が全ての工程を組み合わせて1枚の記事を作るコンテンツマーケティングの記事作成の土台です。この流れをしっかりと抑えて、情報提供していくと“記事の質が格段とアップ”します!!

まずはメモ帳でもテキストエディタでもいいので箇条書きに作成してみましょう。もちろん、私の記事の書き方を参考にしても構いません。是非、この考え方を使って質の高い記事を心がけてみてください。

コンテンツで読者を掴むマル秘テクニックBEST5

ここではコンテンツ(記事内容)で読者の心を掴んで離さないマル秘テクニックについてお伝えします。ものすごく重要なテクニックですので1つずつ確実に理解してください。

1記事1テーマ1話完結の原則テクニック

ブログ記事は必ず1記事1テーマ1話完結を目指してください。

  • 1記事1テーマ1話完結:1枚の記事に対し1つのテーマでありその記事のみで話が終わる事。

これを心がけて記事を作る事が重要です。情報提供の仕方は上記のやり方でいいですが…必ず1記事1テーマ1話完結の記事である事。ブログはメルマガと違い途中からの読者が非常に多い。

なので記事から記事へ続編形式にしてしまうと何の話なのかわかりません。ですので、ブログ記事は常に1枚の記事で話が終わるように作成しましょう。

情報量でWEBユーザーの満足させるテクニック

情報量が多いブログ記事が非常に読者に好かれます。というのも欲しい情報が1つのサイトで揃っているなら他のサイトへ訪れる理由がないからです。なので情報量は多いに越した事はない。また情報量には2つの意味があります。

  1. 情報量:記事の数量
  2. 情報量:1枚毎の記事の内容量

この2つは常にセット。ですので1枚1枚情報量が多い質の高い記事を作り、量産する事が重要です。

記事の読み疲れを防止する見出しテクニック

1つのテーマ(問題提起)であっても顧客の持つニーズにより情報する提供内容は深くなります。つまり、それだけ書く内容が増えるという事です。その時は私のブログのように読み疲れを防いだり、わかりやすく話をまとめるためには必ず見出し機能が必要になります。

見出し機能は「そのページ内のどこに何の情報が書かれているのか?」をWEBユーザーに理解してもらうための索引機能。質の高い記事を作ろうと思えば必ず情報量は増えます。なので、この記事のように見出しを作りながら1枚の記事を作成しましょう。

画像挿入でコンテンツを手助けるテクニック

コンテンツを作る上で文章だけでは非常に読みにくいでしょう。しかし、ブログやサイトには画像挿入という必殺技があります。

画像挿入は内容のイメージはもちろんの事―何をどうするのか?という図解説明としても使用できます。画像の使い方は様々ですが…使い方によってコンテンツをより目立たせる事は可能になりますので是非使用してください。

ただ、あまり画像を掲載し過ぎると返って記事の読み込みが遅くなったり、文章よりも画像がメインになってしまい煩わしくなります。画像の入れすぎには注意しましょう。

アイキャッチで記事を閲覧してもらうテクニック

コンテンツを読んでもらうキッカケを作るテクニックとしてはアイキャッチ(視覚的訴求力)が非常に有効です。私のブログでもTOPページに画像が挿入されているかと思います。

アイキャッチ画像説明

このように記事の内容に合わせたイメージ画像を貼る事で、その記事の開封率は大きく伸びます。WordPress使用者の場合は必ずアイキャッチを使うようにしましょう。

コンテンツSEO対策で万全にする!

コンテンツSEOにおいて重要な事は無駄な情報をそぎ落としコンテンツをまとめ、見やすくする事やWEBユーザーが求める情報になっているかという部分が非常に重要です。しかし、今やコンテンツはブログやサイトのSEO対策のとなっているため無視はできません。

ですので質の高い記事を作りながらコンテンツでもSEO対策を施していきましょう。

Googleが掲げる10の事実

実はGoogleが掲げている10の事実が存在しますので下記にまとめました。

  • Googleが掲げる10の事実
  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能します。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

Google会社情報より引用

以上がGoogleが掲げる10の事実。

これはGoogleが掲げている10の項目ですが同時にWEB運営者にも10の事実を訴えています。それは“WEB運営者の姿勢”です。

つまり、この10項目から外れるような運営さえしなければ、自然とSEO集客も伸びるという事も同時に提言しているという事。まさにGoogle攻略の1つの目安と言えます。コンテンツSEOではまず無視出来ない部分なのでは必ず覚えておきましょう。

実は面倒!?スクロール記事の罠

記事は情報量が多い方が好ましいですが…何度もマウススクロールさせる記事は返ってユーザビリティに欠けます。やはり10回も20回もスクロールさせる超長文記事はいくら見出し機能があっても煩わしいです。

もちろん1項目が100~300文字程度と短文であれば項目が多くても問題はありませんが…それでもトータル10000文字など提供する記事ではさすがに読み疲れします。

なので無駄な情報や長い説明はそぎ落とし、スクロール8~12回程度まで済ませられる記事を心がけましょう。

※ユーザビリティとは

訪問するWEBユーザーを配慮し、外装・システム操作・サイト読み込みなどによるストレスをユーザーに与えない様に工夫を凝らすこと。

コンテンツ量の目安は最低1500文字!

コンテンツマーケティングの最大の目安はコンテンツ量!コンテンツは長すぎても読み疲れするし、なさ過ぎても情報量不足で読者は離れていきます。

まさに記事の情報量とは文字量と画像挿入のバランスが重要になってくる。そこで、ここでは目安として、記事のコンテンツ量は“最低でも1500文字”を心がけましょう。1500文字もあれば十分に伝えたい事は伝えられます。

ですが、伝える項目が多くて、どうしても長文になる場合は…多くても“1500~5000文字前後”までと決めておきましょう。

まとめ

コンテンツマーケティングはいかがだっただろうか?少し学ぶ項目が多すぎて読み疲れもするし理解するのも一苦労だと思います。しかし、ここで書かれた内容はすべて今現在私が行っている方法です。

逆に言えば…ここまで意識できれば誰でも記事の改善ができる。質を上げる事が出来るという事。情報配信力を鍛える事はもちろん事―記事の質もアップさせればSEO集客率も大きく改善します。

まずは情報提供の仕方から心がけて一つ一つ挑戦し、自分の中で「出来た!」をたくさん増やしましょう!!

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

1日たった3時間!PC1つで月5万円以上を稼ぐ全手法をあなたは知りたくありませんか?

私も「アフィリエイトをブログで始めて稼いでみたい!でも実際、何から始めたらいいのか…」と、あなたは困っていませんか?


確かにアフィリエイトは今や様々な稼ぎ方が存在します。なのでネットで流れている情報に困惑するかもしれませんね。


しかし、私がやってきた「この方法」なら、ブログをビジネス用で使った事がない30代の方でも1日3時間の作業で十分にお小遣い稼ぎは可能です。さぁ今すぐあなたも始めてみましょう!


また私のメルマガ購読者限定で…私から“豪華特典を累計23本を配布”させて頂きます。


Coming soon!

SNSでもご購読できます。

・本格的に稼ぎたい30代のあなたにオススメ教材です!

ua1
私は、この情報教材でアフィリエイト収益0円⇒80,000円以上稼ぐ事に成功しました。今度は、あなたが試してみる番です!

rank3

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)