PDFファイルを読み込む!|Adobe Acrobat Readerを手に入れよう!

目安時間:約 5分
pdf,ファイル

あなたはAdobe Acrobat Reader(アドベ・アクロバット・リーダー)をご存知だろうか?今や、ネットビジネスでの情報共有はPDFファイル無くしてデータ共有はありません。

 

例えばビジネス上でのメールでPDFを添付したり、また膨大なデータを圧縮し、WordやExcelで作成した資料を閲覧できる機能を使うのは、もはや当たり前の時代です。

 

ですので、その電子テキスト(E-book)を閲覧できるソフトは必要不可欠!ましてやネットビジネスならなおさら必要なソフトです!!そこで今や主流であるPDFファイルを読み込めるAdobe Acrobat Readerをあなたにご紹介します。

 

Adobe Acrobat Readerとは

Adobe Acrobat Readerとは、PDFの表示、印刷、署名、注釈の追加にPDFテキストのハイライト(マーカー機能)化など使用できる無償の標準ソフトウェアです。ワード・エクセル・パワーポイント(パワポ)等の資料を綺麗に表示した状態で閲覧する事が可能です。

 

PDFとは

そもそもPDFとは…Portable Document Format(ポータル・ドキュメント・フォーマット)の略であり、“文書最適化ソフト”の事です。このPDFは様々な複雑なフォーマットで作成された情報を人が最適化して見やすい状況を作ります。

 

例えばワードで作った資料は、その時は綺麗に見えた情報でも、実際に印刷すると文字がずれたり、図の表示がズレたりとおかしな箇所が発生します。また作成した資料ではデータがそのままの展開した状態なので目に見えなくても膨大なデータ容量を使います。

 

そこで、それらの資料をPDFファイル化する事で最適な状態で資料を見る事が出来ます。つまり、普段の仕事でも人に最適な状態で資料を見せたり、あるいは資料を綺麗な状態で開いたり出来るのは全てPDFファイルのおかげと言えます。

 

PDFファイル化したデータ閲覧の例

これは私が作成した資料ですが…PDF化するとこの様に表示され、閲覧する事が出来ます。

 

pdf,資料作成,ファイル

 

後は右側にある項目から重要な事をハイライト化したり注釈を入れたりする事が出来ます。さらにPDFファイル化データを自分の「スマホ・iPad等」などに、iTunesを返して導入したりと出来るので是非とも試してみましょう。

 

特にアフィリエイト情報商材はPDFファイルがメインなので、私は出先でも学習するために「スマホ・iPad等」に導入しています。

 

Adobe Acrobat Readerを今すぐダウンロード!

アドベアクロバットリーダー

 

⇒公式サイト:Adobe Acrobat Reader

 

ではPDFの意味も理解した所で、このPDFの閲覧できるAdobe Acrobat Readerをダウンロードしよう!特にアフィリエイト情報商材では…普通の文書による書籍ではなく、ネット上からダウンロードしてパソコンで閲覧し、自宅学習出来る電子テキストタイプがほとんど。

 

つまり、電子テキストをダウンロードし、そのデータを見るためには必ずPDFを閲覧できるソフトを必要とします。ですのでAdobe Acrobat Readerを持っていないなら今すぐダウンロードしましょう!

 

まとめ

PDFファイルのやり取りはもはや常識です。ですので商売目的・非商売目的に限らず、必ず必要となるツール。今後ネットを使ったやり取りが増えていくので、是非とも手にしておきましょう。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

ページの先頭へ