その場で画像保存できる!画像キャプチャーソフトWinshot

目安時間:約 5分
画像キャプチャー,画像保存,winshot

「今、開いている状態の画面を保存したい!」とあなたは思った事はありませんか??何かの手順を紹介する際や、自分のアクセス実績などを保存してブログやサイトへ画像として貼り付けたいですよね?

 

でも「初心者には物凄く難しそう」とか「やり方がややこしそう」という不安があるのもわかります。ですが!大丈夫です!このフリーソフトである画像キャプチャーWinshotを使えば簡単に今の画像を保存する事が出来ます。

 

この記事ではWinshotという画像キャプチャーの魅力についてお伝えしていきます。

 

Winshotとはどんなソフト?

Winshotとはプリントスクリーンの様に今開いている画像をそのまま保存できる画像キャプチャーソフトの事です。例えばネットで自身のブログを開いている時に、その自分のブログを画像として保存する事が出来ます。

 

もちろん、ネットだけでなくワードやエクセルなどの使用時でも画像を保存する事が出来ます。このWinshotは主に画像で手順紹介する時に使ったり、自分の実績を人にアピールする時に使用するソフトです。

 

プリントスクリーン(PRTSC)との違い

Wishotはプリントスクリーン(PRTSC)との違いは、Winshotは画像保存する領域を決めて、その場で画像として保存する事が出来ます。

 

しかし、プリントスクリーン機能は今表示されている画像をそのままのサイズで一旦、記憶し、ペイントブラシやGimpなどの画像編集できる場所に貼り付けないと、画像を正式に保存する事はできません。

 

なので使い勝手の良さで言えば…プリントスクリーンよりもWinshotの方が便利です。またプリントスクリーンは使用してるPCによって搭載されているのモノとそうでないものがありますので、やはり使い勝手が良いとは言えません。

 

Winshotで出来る事

Winshotは様々な使い方が出来ます。

 

  • 順紹介用の画像として保存
  • アクセスや収益の実績画像として保存
  • 保存後はペイントブラシ等で画像加工

 

といった使い方がメインになりますが…これもまだ使い方の一部です。

 

Winshotは単に今の状況を保存するための画像キャプチャーソフトではなく、それをどの様に使うか?までの使い道があるのがWinshotです。なので、Winshotは必ず使用したいフリーソフトの一つと言えます。

 

Winshotの使い方

Winshotは保存後、Winshotフォルダの中にヒョウの様なアイコンがあるのでそれをダブルクリックします。

 

winshotアイコン

 

次に「CTRLキー+ALTキー+F9キー」を同時に押せば画像キャプチャーモードが発動します。(※ちなみにPCの電源を切るか、Winshotを終了しない限りはキャプチャーモードは継続してますので何度でも連続して使用可。)

 

そこから画像を保存したい領域を選んでマウスで引っ張り、もう一度マウスをクリックすれば保存されます。後は「しっかりと画像が保存されたか」をWinshotのフォルダを開いて確認しましょう。

 

画像保存,画像キャプチャー

 

保存が完了すると、この様に「WS~」という形で保存されています。後はそれを画像加工等をして使える画像へと作り変えればOKです。

 

Winshotをダウンロードしよう!

Winshotダウンロード

 

⇒公式サイト:Winshot

 

こちらよりWinshotをダウンロードしてください。Winshotで撮った直後のキャプチャー画像は印刷したり、ペイントブラシやGimpなどの画像加工編集ソフトで加工処理を行うことも可能です。

 

まとめ

こういった機能を使えれば、よりアフィリエイターとしての活動幅も増えます。まずはブログ運営に最低限必要なソフトを手に入れて、後は実践でスキルを磨き続けていきましょう!

 

スキルは身に付けば、一生モノなので自分を裏切る事はありませんので(笑)

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. 河原みれ より:

    こんにちは
    とても参考になりました。
    早速ダウンロードします!
    ありがとうございます。

    • halu より:

      河原みれさん、こんにちは!

      非常に使い勝手が良いので…
      是非とも使ってみてくださいね^^

      コメントありがとうございました。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

ページの先頭へ