人が100%注目する!ブログ記事タイトルの作り方&ライバルを出し抜く7つのヒント

目安時間:約 28分
人に100%注目される記事タイトルの付け方

「記事が書ける様になったのに、全くアクセスが入ってこない…。」とか「自分の記事タイトルに魅力を感じない…。」と、嘆きたくなる気持ちはよくわかります。

 

そして最後に行き着く答えは…「人と比べて、なんて俺はダメなんだろう」と…。でも、でも…安心してください!実は記事タイトルって奥が、ちょ~~深いんです^^

 

だから、運営期間が長い人の方が、それは良い記事タイトルが書けるのは当たり前(笑)そこで!!記事タイトルが苦手と感じるあなたに、記事タイトルの作り方とライバルを出し抜くヒントを7つ教えます。

 

是非とも参考にしてください。

 

■気になる項目からどうぞ!

抑えておきたい!記事タイトルの本来の役割

ブログ記事タイトルの本来の役割

まずは記事タイトルの役割をしっかりと抑えていく事が良い記事タイトルを作る第一歩。ここで、基本をしっかりと抑えましょう。

 

顧客(検索者)のニーズを指摘する

記事タイトルの基本は顧客のニーズをしっかりと指摘してあげる事です。そもそも記事タイトルは、本で言えば題号と同じで、その人が求めるモノがそのタイトルから理解出来なければ、まず人は読みません。

 

それはブログ記事でも同じで、しっかりと顧客となる検索者が「どんな情報を求めているか?」そのニーズをタイトルで指摘する事。そこを意識する事で、「あっ、俺の事だ」と思って記事を読みに来てくれます。

 

人の読まない壁を突破する

基本的には、人には「読まない・信じない・行動しない」という3つの法則がありますが、その読まないの壁を打破するのが記事タイトル。

 

これは本屋でも同じで、暇つぶしで寄っただけなのに…つい本を買ってしまう事ってありますね。

 

それは気になる本のタイトルで興味を惹かれ、手に取った本の中身をパラパラとめくり、内容を関心を持つ。だから結果として、本が売れるわけですね(*^^)v

 

ブログ記事も、タイトルで人の読まない壁を打破する事で中身を読んで貰う事ができ、その結果…あなたのブログのリピーターになってくれる。

 

そして最終的にはあなたにとっての一番の顧客になってくれるわけですね。ですから、記事タイトルの役割ってかなり重要で蔑(ないがし)ろにしたらダメなんですよ(笑)

 

【関連記事】

ブランディング驚きの活用法読まれるブログに大変身

 

記事タイトルの付け方の基本が何より大事

ブログ記事タイトルの基本

では記事タイトルの役割がわかった所で、次は記事タイトトルの付け方の基本を学びましょう。

 

何を言ってもこれが基本なので、記事タイトルを作る際はこの基本から絶対に外れないようにして下さい。

 

SEO意識は大前提

記事タイトルの付け方の基本はSEO対策を意識した作り方が基本。そもそも記事は検索エンジンで上位に表示されない限り、アクセスを集めるという土台にすら立てません。

 

ですからブログSEO対策という視点でも、必ず検索エンジンを意識した記事タイトル付けが重要になります。

 

記事タイトル理想の構造

記事タイトルの理想構想は、下記の通り。

 

  • メインキーワード+サブキーワード+キャッチコピー

 

この順番による作り方が理想です。記事タイトルというと魅力的で面白い記事タイトルばかりが重視されますが、何度も言う様に…検索エンジンの「検索結果で上位表示される事」が第一目的です。

 

何も1位を取らなくても良いけど、せめて5位以内…最低でも10位以内と1ページ内には記事を浮上させておきたい。

 

ですから人間の視点は二の次にして、まずはGoogleのSEO巡回ロボットであるクローラーに認識される上記の作り方を念頭におきましょう。

 

【関連記事】

弱小ブログがアクセスが少ない5つの原因と増やすコツ7つ

アフィリエイト専門用語30選

現在のSEOシステムと基本の流れ

 

メインキーワードは、なるべく左端に入れる理由

また記事タイトルでは「メインキーワード+サブキーワード」の複合キーワードで構成していきますが、その中でもメインキーワードはなるべく左端に。

 

この「なるべく」というのは、例外として下記の様な形もあるからです。

 

  • キャッチコピー+メインキーワード+サブキーワード

 

この手順で記事タイトルを作る事もありますが、それでもGoogleのクローラーに一番、認識して欲しいのは…メインキーワードです。というのも「SEOの検索回数が語順の認識で大きく変わるから」です。

 

私たちでは「初心者 ブログ 記事タイトル」「ブログ 記事タイトル 初心者」では、どちらも使っているキーワードが同じと考えますね??

 

また、アルゴリズムによる検索結果のサイトの順番も、さほど変わらない事から、ここまで意識する人も少ないです。

 

しかしクローラーは記事タイトルに入っているキーワードを左から順番に読み取り、語順が違うだけで検索回数が大きく異なります!!

 

では少し見てみましょう。

 

「ブログ 記事タイトル 初心者」の語順の場合

 

ブログ記事タイトル初心者の検索回数

 

「約23,400,000(2,300万)件」のヒット数。

 

「初心者 記事タイトル ブログ」の語順の場合

 

初心者記事タイトルブログの検索回数

 

「約27,700,000(2,700万)件」のヒット数。

 

この様に同じキーワードでも語順の違いで「約400万件の差」が出ますね。この事から、メインキーワードはなるべく左端に入れないと、多くヒットした検索結果で集客をするのが難しくなるわけです。

 

またメインキーワードの前にキャッチコピーを入れる場合は、「簡単」とか「1回で」などの短文がおすすめ!!これもなるべくメインキーワードにクローラー読み取って貰うための工夫の1つです。

 

サブキーワードは3,4語含める

サブキーワードは3,4語含める方が、検索回数が減るので、初心者でも上位表示を簡単に狙えるので最初のうちはアクセスが得やすです。

 

例えば「ブログ 初心者」というキーワードで検索回数が100-1000あったとしても、弱小ブログではまず食い込みが出来ません。

 

となると、この複合キーワードで記事タイトルを作り、上位を狙っても簡単に競り負けるわけです。

 

しかし「ブログ 初心者 おすすめ」とか「ブログ 初心者 始め方 何から」というサブキーワードが多いモノは、検索回数は10-100程度だけど顧客のニーズが深い。

 

なので意図的に狙って記事を書けば、アクセスは少ないにせよ…どんな弱小ブログでも上位表示は簡単に取れるわけです。

 

こういった戦略を「ロングテール戦略」と言いますが、顧客のニーズが深い方が「この検索者が何を求めているか」その方向性もキーワードから理解しやすい^^

 

なのでアクセスがまだ回り切っていない初心者は、ロングテールといった戦略を重視して、アクセスを集める方が簡単なわけです。

 

ただし1日100PV以上の得られる様になったら、ロングテールだけでチマチマやらず、月間ボリューム100-1000あるミドルキーワードも狙っていく。

 

そうする事でアクセスの返りも大きくなるので、「ロング」と「ミドル」の両方で攻略するのが良いですね!

 

※ミドルキーワードとは―

ミドルキーワードとは、月間ボリュームが100-1000とそこそこある複合キーワードの事。ミドルの複合キーワードは、主に2語で調べられる事が多く「ブログ 初心者」とか「ブログ 稼ぐ」などが該当します。ただしアクセスの返りが多い分、狙うキーワードが漠然とするので、顧客のニーズはロングテールよりも絞り込みにくいのが欠点です。

 

記事タイトルの文字数は32文字以内

記事タイトルの文字数はGoogleの検索表示に合わせて「全角32文字以内」が理想です。まぁ私もつい記事タイトルが長くなってしまう事がありますが、できれば32文字以内で「メイン~キャッチコピー」までを入れる方が良い。

 

その方がSEOの検索結果で、32文字以内であれば「記事タイトルがすべて表示される」ので、顧客に伝わりやすいわけです。特に情報検索者は、検索結果に表示された記事の説明文はほぼ読まず、記事タイトルだけで判断して訪れます。

 

なので記事タイトルが32文字以内でしっかりと表示されている方が顧客に訪問されやすいという事ですね。

 

※全角32文字以内とは―

記事タイトルが全角32文字以内というのがGoogleSEOの基準なので、半角英数字の場合は0.5文字扱いです。なので半角英数で2文字で「全角1文字扱い」になるので覚えておきましょう。なお「!」「?」などの記号も全角入力だと1文字扱いなるので半角で入力した方が若干文字数の制限になるのでお得です!この記事タイトルも半角で記号を入れています。

 

100%人が注目する記事タイトルの作り方(コツ)

ブログ記事タイトルの作り方

100%人が注目する記事タイトルの作り方をご紹介していきます。

 

ここでは、先ほどのSEOを重視した記事タイトルの基本を理解した上で、人に響く記事タイトルを作るコツになります。

 

キャッチコピーを入れて記事タイトルを作る

まずはキャッチコピーで人の興味・関心を惹きましょう。例えば「ブログ 記事タイトル 初心者」という複合キーワードで試してみます。

 

SEOを重視して記事タイトルを作ります。ちなみに、ここでのメインキーワードは「ブログ」です。

 

  • ブログ記事タイトルを初心者が作る方法

 

これで複合キーワードは全て使ってますが、何の魅力も感じませんね。

 

そこで…キャッチコピーを入れていく。

 

ブログ記事タイトルが作れない!?初心者の深い悩みを一発解消

 

という様に作り変えれば、十分に興味・関心は集められますね。

 

この様な記事タイトルにすれば「上位表示+集客(アクセス確保)」は容易になります。

 

数字を入れて記事タイトルを作る

また記事タイトルに数字を入れるのも昔から効果的です。先ほどと同じ「ブログ 記事タイトル 初心者」という複合キーワードで試しましょう。

 

  • 1回でわかる!魅力的なブログ記事タイトルを初心者が作る5つの方法

 

という様に、「1回」とか「5つの」という数字を入れると、やはり響きますね。

 

特にアフィリエイターではアクセス実績や収益実績を作る記事では、かなり数字を入れているのが目立ちます。

 

俺が6ヶ月でブログで74万5643円稼いだ方法を知りたいか?

 

とか

 

反応率7.38倍!アクセス3000の雑魚の俺が5つの意識で月間74,800PV得たワケ

 

この様な記事タイトルを作っている人が多いです。

 

数字は、ただ具体性が増すだけでなく、リピーターも増えるので、数字を入れるのは非常に効果的です。私もこの記事で「100%」とか「7つの」とか使ってますね^^

 

ベネフィットを入れて記事タイトルを作る

ベネフィットは、利益の事ですが…これは検索者である顧客にとっての利益です。つまり、「この記事を読めば、あなたが〇〇になるよ!」という与える事で、記事を読んで貰う工夫を作ります。

 

このベネフィットも数字を入れたりすれば伝える事が出来ます。では同じ「ブログ 記事タイトル 初心者」という複合キーワードで試しましょう。

 

ブログ記事タイトルをスラスラ初心者が作る7つのポイント

 

と、したら…「この記事を読めば、記事タイトルを作る7つのポイントが手に入る」という事を伝える事ができるわけです。

 

つまり、あなたの記事を読んで貰う価値を意図的に作る事が出来ます。しかし数字だけでなく、こういった伝え方もベネフィットが生まれます。

 

魅力的なブログ記事タイトル?PC初心者でも飯食いながらデキる

 

という様に「PC初心者」とか「飯食いながら」というワードを入れる事で「簡便性」が生まれ…「どれだけ簡単か」を意図的に伝えられる。これが顧客にとってのベネフィットです。

 

種類別|魅力的な記事タイトルの付け方 5つの例

種類別!ブログ記事タイトルの参考例

ここでは魅力的なタイトルの参考例として色々な見本をお見せしていきます。

 

ここでは一貫性を保つため「ブログ 記事タイトル 初心者」の複合キーワードでご紹介していきます。

 

おしゃれな記事タイトルに仕上げる

おしゃれな記事タイトルでは下記の様な言葉を使うと良いですね。

 

  • もっと
  • 個性がみえる
  • 華麗な

 

という言葉を入れて作るといいですね。

 

  • もっと読まれるブログ記事タイトル!初心者だって出来ちゃうよ!
  • 個性がみえるブログ記事タイトル!これなら初心者でも簡単
  • 華麗なブログ記事タイトル作り!初心者が成功する3つの共通点

 

この様に作ってみると、おしゃれ感が出ます。

 

スマート記事タイトルに仕上げる

スマートな記事タイトルでは下記の様な言葉を使うと良いですね。

 

  • 賢く使う
  • 常識破りの
  • エッジの効いた

 

という言葉を入れて作るといいですね。

 

  • ブログ記事タイトル作り!初心者はプロを賢く使え
  • 常識破りのブログ記事タイトル!初心者に必要な5つの要素
  • エッジの利いたブログ記事タイトルで初心者がラインバルに勝つ

 

この様に作ってみると、スマート感が出ます。

 

面白い記事タイトルに仕上げる

面白いな記事タイトルでは下記の様な言葉を使うと良いですね。

 

  • という件
  • 結果
  • こんなのアリ!?

 

という言葉を入れて作るといいですね。

 

  • センスあるブログ記事タイトル…マジできねぇ!と嘆く初心者の件
  • ブログ記事タイトルで悩む初心者が成功者を真似てみた結果…
  • こんなのアリ!?ブログ記事タイトルで初心者がプロを出し抜く47の法則

 

この様に作ってみると、面白味が出ますね。

 

興味・関心を惹く記事タイトルに仕上げる

興味・関心を惹く記事タイトルでは下記の様な言葉を使うと良いですね。

  • 勝ち抜く
  • 結果にビックリ
  • しないでください

 

という言葉を入れて作るといいですね。

 

  • ブログ記事タイトル作りで初心者が他人を勝ち抜く8つのヒント
  • こんなブログ記事タイトルでッ!?初心者が集客の結果にビックリ
  • 魅力あるブログ記事タイトル作り、初心者は真似しないでください

 

この様に作ってみると、興味・関心が自然と出ますね。

 

緊迫感を与える記事タイトルに仕上げる

緊迫感ある記事タイトルでは下記の様な言葉を使うと良いですね。

 

  • 諦めて下さい
  • 後悔しますよ?
  • 損をします

 

という言葉を入れて作るといいですね。

 

  • ブログ記事タイトルが1つも作れない初心者は諦めて下さい
  • 無駄なブログ記事タイトル作り、初心者は本当に後悔しますよ?
  • ブログ記事タイトルの基本を知らない初心者は100%損をします

 

この様に作ってみると、緊迫感が出ますね。

 

本気でライバルを出し抜く、記事タイトル7つのヒント

ブログ記事タイトルでライバルを出し抜く7つのヒント

記事タイトルでライバルを出し抜くのは実はさほど難しくありません。

 

ここで伝える事はどれも当たり前ですが…なるべく楽をしながらライバルを出し抜く記事タイトルの7つのヒントをご紹介します。

 

0からひねり出さないのが最大のコツ

まずブログ記事タイトルは、自分で0からひねり出さない。これが基本です。

 

よく成功している人は、結構、語ってますが…「そもそも自分で0から考えて記事タイトルを考えた事はない」と答えてます。

 

今の時代に合う「〇〇をしてみた結果」とか「〇〇をガチで検証!」というユーチューバーがよく使う言葉をそのまま当てはめて使うだけです。

 

つまり…ネットにせよ、テレビにせよ、本のタイトルにせよ、参考になるモノはゴロゴロ落ちているという事。

 

ですから、自分の頭を悩ませて考える時間があるなら、色々と使えそうなキャッチコピーを探してきた方が有意義なんです。

 

パクれる言葉はパクって使う

「パクれる言葉はパクる」というのは今の時代のもはや流儀ですね。もちろん内容をパクれという話ではなく、記事タイトルで使う言葉の言い回しや若い子達が使う言葉を率先して取り入れるという事です。

 

まさに「〇〇、ありえねー」とか「〇〇したら××という話なんだがw」とか「はぁ?と思わず口に出した瞬間」などの使えそうなネット用語は取り入れていく。

 

もちろん、普段から使う必要もありませんが、知っておけば「いざ」という時に人と違うタイトルで魅せる工夫が出来るのも事実ですね。

 

魅力的な記事タイトルを自分なりに3パターン作る

また記事タイトルは自分なりに3パターンは作ってみると良い。特に記事タイトルに正解はありませんが下記の事は意識して作れば、まず的外れにはなりません。

 

  • 顧客のニーズを指摘する事
  • SEOを意識した記事タイトルである事
  • 使えそうなキャッチコピーを取り入れる事

 

ここだけ意識していれば、参考例で紹介したような記事タイトルは作れます!!是非とも挑戦してみて下さい。

 

仮タイトルを先に作っておく

またすぐに「面白い記事タイトル」とか「人の興味関心を惹くタイトル」など、そう簡単には作れません。そこで、SEOを意識したうえで仮タイトルを先に作っておくと良い。

 

  • ブログの記事タイトルマル秘テク7選!
  • ブログ記事タイトルの5つの真実
  • ブログ記事タイトルを魅せる7つの工夫と3つの基礎

 

という様な仮タイトルを作っておいて、そこからキャッチコピーを入れて、タイトルを自由に改良していきましょう。

 

魅力なタイトルよりSEO対策を優先して考える

ただどんなに魅力ある記事タイトルでも、SEOを無視した記事タイトルでは全く持って意味がありません。ですので何度も言う様に、SEOを意識するという事から離れない程度の記事タイトルを作る様に心がけてください。

 

SEOの意識とは「複合キーワードを含めて作る事」です。そしてメインキーワードはなるべく左端にという事を念頭に。ここを無視しないように気を付けましょう。

 

記事タイトルは意味が分かる様に仕上げる

魅力ある記事タイトルは、SEO意識の次に大事ですが…顧客の二ーズを指摘するという事も絶対に忘れてはいけません。

 

どんなに魅力ある記事タイトルでも、タイトルを見て「全く意味が伝わらない誰向けの記事なのか?」という事になったら本末転倒。ですので、しっかりと顧客の事も考えた記事タイトルを作れる様に心がけてください。

 

これでいいかな?という疑念を捨てる

ちゃんと魅力ある記事タイトルは作ってみたものの、「こんなんで本当にいいかな?」と悩む事があります。しかし、悩んでいたら何時まで経っても記事の配信ができず、遅れてしまいますね。

 

ですので、ちゃんと数字などを入れて良く出来ている方だと思ったら、とりあえず公開しましょう!!「これでいいかな」という迷いは、返って、あなたの判断力を失わせるので注意しましょうね^^

 

ブログ記事タイトルが思いつかない時の簡単な対処法

ブログ記事タイトルの対処法

「ブログ記事タイトル…どうつけたらいいかわからない」とか「どんな事を考えて決めたらいいの?」という事は誰にでもあります。

 

ブログ記事タイトルが何も思いつかない時は…色々な所から学び対処しましょう!では私が普段やってる対処法をご紹介します。

 

Yahoo!ニュースからキャッチコピーを学ぶ

一番ネットで見る事の多いYahoo!ニュース!気になるとつい見てしまいますよね??特に芸能人のゴシップ(不倫騒動・アイドルの闇・SNS炎上等)が一番興味をそそるでしょう。

 

そこで、その興味をそそられるYahoo!ニュースのタイトルからキャッチコピーを学んでいく事をおすすめします。

 

特にYahoo!ニュースでは「全角20文字以内」で書かれている事が多く、あの短い中で人に興味をそそる書き方は非常に参考になります。そこを普段から見る様にしてぜひ自分のブログで活かしてみて下さい。

 

TV番組のタイトルからキャッチコピーを学ぶ

またTV番組も面白いほど興味をそそりますね!私は特にホラー番組などを見ますが「真実が明らかに!魔のトンネルで、7年前に突然消えた少女の霊」みたいなタイトルって訴求力があります。

 

なので普段から目にするTVドラマなどのタイトルなどは非常に参考になるので、普段からしっかりと見ておきましょう。

 

他サイトの記事タイトルからキャッチコピーを学ぶ

やはり同じジャンルで戦うライバルのチェックなくして、勝利はありえません。ですので、「100サイト見よ」と言いませんが…最低でも「30サイトはチェック」しましょう。

 

特に一番勉強すべき記事は、そのサイトを運営している「注目記事」です。ここをしっかりと1つずつ見る事で記事タイトルだけでなく冒頭文や記事の項目も非常に勉強になります。

 

一般書籍のタイトルからキャッチコピーを学ぶ

また一般書籍である本のタイトルも非常に勉強になりますね!!

 

  • 誰も語らない〇〇の真実!私が全てを語ろう
  • 両親にないしょで19歳の私が50万円稼いだ方法をおしえます
  • 英語マスターに1年はいらない!半年で会話レベルへ

 

という様な本のタイトルを見かけますが、やはりキャッチコピーとしては非常に勉強になります。

 

と、この様にブログ記事のタイトルが思いつかなくても答えは案外身近に落ちているので、そのキーサイン見逃さずにチェックしてみて下さいね!

 

私も愛用!キャッチコピーの1冊はコレで決まりっ!

それでは、私がここまで記事タイトルのキャッチコピーが色々出ててくるのは、キャッチコピーの辞典とも呼べるこの1冊を愛用しているから!!

 

じゃん!『バカ売れキーワード1000 カラー改訂版 【堀田 博和氏】』この本を活用しているからです^^

 

 

この本…あまり教えたくないのが本音ですが…ここまで読んでくれたあなたにはご紹介します!

 

この本ではキャッチコピーに悩む事なく、自由に組み合わせて使えるので非常に参考になる上に、ある程度使っていると良く使うキャッチコピーもわかってくる(笑)

 

ただ気を付けるべき点は…キャッチコピーを大げさにすると「誇大した記事」になるので、そこだけは使用する際に注意してくださいね^^

 

まとめ

いかがでしたか?結構、記事タイトルって掘り下げて考えると…知っておきたい事や抑えておきたい事ってたくさんあるんです。

 

ただこの記事でお伝えした点は非常に参考になると自負しているので、是非ともこの考えを持って自身のブログで活用してみて下さい。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

アフィリエイトで8万円以上突破


はじめまして。当ブログを運営しています「ハル」と申します。社会不安から安定した収入源を増やすため、アフィリエイトを開始し、大型ランキングで3位以内、SEO280万件のうち1位を獲得。さらに総合アクセス数10万越えし、10万円稼ぐ事に成功。

詳細なプロフィールはこちら

当ブログNo,1の教材はこちら!
今週の人気記事はこちら
カテゴリ一覧
参加中のブログランキング

ページの先頭へ