【番外編】今現在アフィリエイトが稼げる理由はココにあった

目安時間:約 7分
今でもアフィリエイトが稼げる理由

「アフィリエイトは、今からでも本当に稼げるのかなぁ?」と、不安を抱いているあなたへ。確かに、ビジネスとはいつ始めても「稼げる・稼げない」の問題は常に付きまとうもの!!

 

 

しかし、結論から言えば…アフィリエイトはまだまだ当たり前の様に稼げます!もちろん、それは精神論ではなく列記とした稼げる根拠があってこそ^^

 

 

この記事では、ゼロからアフィリエイト生活を始めたいと考えているあなたに、今からでもアフィリエイトが稼げるという根拠についてご紹介していきます。

 

 

アフィリエイトが今からでも稼げる一番の根拠は?

 

アフィリエイトが稼げる第一の根拠としては、市場が拡大しているという事です。

 

 

矢野経済研究データより

 

特に矢野経済研究所によれば、「2017年度の国内アフィリエイト市場規模は、前年度比112.9%の2,615億円まで拡大した。」とのことです。

 

>>矢野経済研究のデータはこちら

 

 

 

この様にアフィリエイトの規模は…様々なサービスやネットの利便性を受け、年々に増加し続けていき、ますます市場が大きくなると予想されています。つまり今まで以上に広告収入というのが当たり前になるわけですね^^

 

 

それだけ雑誌・本・テレビ・ラジオなどのメディアを離れが増加し、「ブログ・サイト・メルマガ・SNS」といったインターネットサービスを介してのメディアに、人が集中しているため。

 

 

その証拠に、今では大手企業の参入はもちろん事、広告費対策やSNS導入を考えるECサイトや個人ブロガーも増え、年々サイト集客へ力を入れ始めています。

 

 

ですから今後は、もっと広告の種類が増え、個人・法人問わず、アフィリエイト広告を利用する場面が増えていくと言われていますよ!凄いですね^^

 

 

今や1000円を超える人が8割いる現実!

アフィリエイトで1000円超える人が8割

 

確かにひと昔前は、まだアフィリエイトは有名ではなく、市場規模も小さいモノでした。私が始めた2009年の時は市場規模は全体で2000億程度。その時は、1発狙いの人も多くミーハーな人も多かったですね(笑)

 

 

そのため、「すぐに始めれば誰でも簡単にお金になる!」と安易に考えた人が多く、始めた人は6ヶ月~1年くらいで諦め、辞めてしまいました。またSEOのアルゴリズムの変更で稼げたプロサイトもダメージを受けました。

 

 

その結果、多くの人が1000円すら超えられないアフィリエイターが9割と言われましたが…今では「正当な評価のSEOシステムやGoogleアドセンスのおかげ」で、1000円を超える人が8割になったと言われています!!

 

 

ですから今から始めてもアフィリエイトは稼げるビジネスモデルである事は間違いありません。

 

 

今後は情報の「質」がより高まる時代!

アフィリエイトは今後質が高まる時代

 

またアフィリエイト広告の中で、今後はより情報商材が必要となる時代が来ます。というのもAI機能搭載だけでなく、今では予備校などの授業でさえも映像を見ながら個々にテキストを開いて勉強する時代ですね?

 

 

つまり、一度学んでもわからない場合は、同じ授業の映像を何度も見て個々に学習できる。それだけ情報というのは「質が高まってきている時代」です。

 

 

それと同じ様に情報商材も、電子書籍の様なテキストタイプから、動画による講義(セミナー)が主体となった商品が生まれる可能がある!!そのため情報商材アフィリエイトは、より稼ぎやすい分野になる言われてます^^

 

 

【結論】稼げる・稼げないは全て自分次第!

 

ここまでアフィリエイトは稼げるビジネスである根拠を述べてきましたが、最終的には自分次第です!!いくら稼げるビジネスでも自分がモタついてたら、それは絶対に成功はしません。

 

 

ですから人よりも早く稼ぎたいなら…今すぐ情報教材を購入したり、アフィリエイト本を買って、すぐに作業に取り掛かる事。結局は、多く行動した人間が…最速・最短で駆け抜け、自分でお金を生み出す能力を手に入れる。

 

 

これだけはいつの時代でも変わらない不変な考え方なので…今日からあなた自身が出来る事に挑戦し、行動を起こしてみましょう。

 

 

まとめ

 

今回はアフィリエイトで稼げる理由や根拠についてご紹介しました。こうやって1つずつ解体(バラ)して見てみると…「他のビジネスとあまり変わらないなぁ」と感じた部分もあるでしょう(笑)

 

 

実はその通りで、インターネットという波を、一つの流通ルート(販売経路)として捉えたビジネスモデル。アフィリの概念そのものは、通常の仕事と同じで、面倒と言わずにやり切った人の勝ちです^^

 

 

さて、ここまで稼げる条件は揃っているわけですからコレを最後までやらない手はありませんね(笑)

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

ページの先頭へ