誰も教えてくれない!アフィリエイト広告掲載8つの種類まとめ

目安時間:約 9分
アフィリエイト広告8つの種類

アフィリエイトしよ~っと思ってASPで広告を選ぶと、「画像広告?テキスト広告?…何がどう違うんだろ?」と、どれを選べばいいか迷ってしまうあなたへ。アフィリエイトの広告って案外、煩わしい所ありますよね??

 

 

私も最初の頃、どの広告を選べばいいのか、どう使い分ければいいのか、よく悩んでいました。そこでアフィリエイトをこれから始めるあなたに、わかりやすく広告掲載タイプを分けてご紹介していきます^^

 

 

アフィリエイト8つの広告掲載タイプ

アフィリエイト広告8つの種類を紹介

 

アフィリエイト広告掲載の種類は私が知る限りで8つあります!中には、あまり聞かない広告もありますが、知識として覚えておきましょう!

 

 

その1:バナー広告

 

バナー広告は、別名、画像広告とも言われ…今のアフィリエイト広告の基本になっています。

 

 

この広告は、画像自体がクリック出来る様になっており、その画像をクリックすると商品の決済ページへ飛ぶ様になっています。これは今の主流広告なので、どのサイトでもよく見かけます。

 

 

その2:テキスト広告

 

テキスト広告とは、別名「リンクテキスト」とか「アンカーテキスト」とも呼ばれるリンク付き文章の広告。

 

 

特にメールマガジンで広告を紹介する場合に、よくテキストをクリックして詳細を見れる様になっていると思いますが、その広告タイプがこれに当たります。

 

 

このテキスト広告も、バナー広告と同じでよく見かける広告掲載タイプなので覚えておきましょう。

 

 

その3:メール広告

 

メール広告は、サイトやブログ運営のだけだとあまり馴染みがありませんが、メールマガジン(通称:メルマガ)専用に作れた広告。

 

 

これはASP側で広告を選ぶ際に、すでに紹介文章など形式が決まっており、そのままコピペできる様になってる広告です。

 

 

これはよくASP企業などが新着広告をメールに送って来る時に使われていますが…個人としてはあまり使う事がないので、知識として覚えておきましょう。

 

 

その4:メール広告(HTML式)

 

メール広告にはHTML式が存在しますが、これもあまり馴染みがない広告です。この広告はメール内で開いた時に、文章による内容ではなく、画像等がすべて表示され、まるでサイトを眺めている様に表示されます。

 

ただしこの広告もさほど使う事はないので知識として覚えておきましょう。

 

 

その5:商品リンク広告

 

商品リンク広告は、直接、商品の販売ページに飛ぶ広告で、バナー広告やテキスト広告とあまり違いはありません。

 

 

ただこの商品リンク広告は、バナー広告+テキスト広告がセットとして紹介されています。この広告は楽天アフィリエイトでよく使われています。

 

 

その6:ウィジェット広告

 

ウィジェット広告は、ユーザーに最適な広告を表示したり、おすすめ広告を表示する広告タイプです。ウィジェット広告は、1度貼れば広告がユーザー毎に自動で切り替わるので、貼り替える手間は不要です。

 

 

しかもユーザーの興味がある広告のみが表示されるので、関心を引くので、収益に繋がりやすい。しかし広告表示が場所を取るため、記事やTOPページの下部に貼る事の方が多いです。

 

 

その7:コンテンツ連動型広告

 

コンテンツ連動型広告とは、WEBサイトのキーワードや内容を分析し、それに関連した広告が表示されるタイプの広告です。

 

 

この種類広告は、Googleアドセンスが有名ですが、あまりASPでは導入されていない広告の種類ですので、これも知識として覚えておきましょう。

 

 

その8:ランキング形式広告

 

ランキング形式広告は、売れ筋商品がランキング形式で表示される広告です。ランキング形式広告は、最も売れる商品が一目でわかる一方で、期間や商品の売り上げによってすぐ順位が変動します。

 

 

そのため、ユーザーの記憶に商品名が記憶に残りにくいため、あまりおすすめ出来る広告タイプではありません。これも知識として覚えておきましょう。

 

 

よく使われる広告タイプは?

 

散々アフィリエイトの広告掲載タイプをご紹介しましたが…結局、どの広告タイプがよく掲載されるのか?ここが重要ですね。よく使われる広告掲載タイプは、、

 

 

  • バナー広告
  • テキスト広告
  • 商品リンク広告

 

 

この3つ。特にバナーとテキスト広告は、非常に使い勝手が良く使わけにも優れています。またテキスト広告はメルマガでも使えるので重宝する広告タイプですので、優先して覚えておいておいて損はありません。

 

 

TOPページはバナー広告が主流

サイドバー,広告

 

よくブログやサイトでのTOPページでは、バナー広告が使われます。その理由は、ブログTOPページが綺麗に見えるからですね!!ですが、やはり貼りすぎだとユーザー(読者)から嫌われるので、多くても3枚が限度。

 

 

また広告の掲載場所は「上部・サイドバー(右上)・下部」が優れており、邪魔にならない上に、よくクリックされる場所です。ここは絶対に抑えておきましょう。

 

 

記事はテキスト広告が主流

 

記事ではバナー広告を貼っても特に問題はありませんが…基本的に情報提供した後は画像よりもテキスト広告の方がクリック数が伸びます。実はあまり情報提供後に画像がポツンとあっても、あまりクリックされません。

 

 

ですので、記事では「詳細はこちら」とか「今すぐ商品をチェック」というテキストに商品リンクをしたテキスト広告の方が自然的です。

 

 

広告の見栄えは他サイトで学べ!

TOPページの広告の見栄えは他サイトで学べ

 

広告は貼りすぎてもダメですが、逆にセンスがない貼り方をしても効果が薄れてしまう。ですので、バナー広告やテキスト広告の貼り方がわかったら、他サイトから広告の貼り方を見て学んでいきましょう!!

 

 

ブログやサイトのコンテンツの邪魔になっていない綺麗な広告の貼り方を覚えれば、それだけでもブログ運営レベルも上がりますよ!!

 

 

まとめ

 

今回は、アフィリエイト広告掲載の種類をご紹介しましたが、意外と多かったと思います。ですがどんなに広告の種類があろうと、よく使う広告掲載タイプや、見た目的に貼れる数は限られているので心配は不要!!

 

 

そして自分が取り組むテーマにもっとも近い広告を貼り、人の役に立つ広告を選べる様に心がけましょう^^

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. takafumi より:

    こんにちは。
    広告の貼り方も自分のブログの内容に合わせてやるべきなのですね。
    貴重な記事ありがとうございます。また訪問させていただきます。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
当ブログNo,1の教材はこちら!
管理人プロフィール

アフィリエイトで8万円以上突破


はじめまして。当ブログを運営しています「ハル」と申します。情報商材アフィリエイトで10万円稼いだ私が、スムーズに稼げる最短8ステップをご紹介。

詳細なプロフィールはこちら

殿堂入り記事はこちら
カテゴリ一覧
参加中のブログランキング

ページの先頭へ