【売れる】情報商材総合レビュー記事7つのポイントを暴露

目安時間:約 18分

情報商材を紹介する記事は、初心者アフィリエイターにはとても難しい分野です。というのも、今まで商品を紹介した事がない人が商品を紹介してくわけですから…本や商材を読んで勉強しているだけでは上手くなりませんね。

 

 

実際に私自身も最初はレビュー記事が下手くそで、何を伝えたい記事なのか自分で読み返してもよくわかりませんでしたね(苦笑)

 

 

しかし!!情報商材を記事で紹介するのは、伝え方となる流れをしっかりと覚えれば…さほど難しい事ではありません。

 

 

レビュー記事は書ける様になる事で、ただ記事に広告を貼って待ち構えるだけの方法よりも、数倍クリック率があがる手法。

 

 

今回は情報商材で最も大事な総合レビュー記事作成法についてご紹介するので、ぜひ自分のノウハウとして取得しましょう!!

 

 

情報商材の総合レビュー記事はなぜ必要か?

情報商材総合レビュー記事7つのポイント

そもそも「情報商材の総合レビュー記事が、なぜ必要なのか?」というと…「商品に対して全体の魅力を伝えやすくなるから」です。

 

 

確かに、記事の中間や最後に広告を貼り付けておけば、それだけでクリックはされます。実際にGoogleアドセンスがこの手法ですね。

 

 

しかし、この方法ではクリック数こそあがるものの…成果は1件も上がらず、物凄く非効率だという事に気が付きました。

 

 

そこで成果型広告では、一般的な商売同様に…顧客に向けて商品の良し悪しを1枚の記事で全面的にアピールし、興味・関心を持ってもらう戦略が出てきました。それが「レビュー記事戦略」です。

 

 

レビューとはその名の通り、「評価」の事で、商品にあなたが評価を下して商品広告を紹介した方が、トラブルも少なく、少数のクリックでも成約に繋がったからです。

 

 

ですので今では成果型広告ではこのレビュー記事というのが主流になり、その中でも、「顧客に何度も繰り返し読まれる大型レビュー記事を総合レビュー記事」と呼んでいます。

 

 

総合レビュー記事の大事なポイントは3つ!

情報商材で大事な事

この総合レビュー記事で伝えたい事はたったの3つです!!

 

 

  1. 情報を頭から読んで貰う
  2. ペルソナの興味関心を高める
  3. 広告を自らの意志でクリックして貰う

 

 

以上が、レビュー記事においての目的です。

 

情報商材は高額な上に、不透明な商品ですから、やはりあなたの見解で書いた商品に対する情報が必要になります。単にインパクト重視による書き方が必要なのではありません。

 

 

しっかりと頭から情報を読んで貰い、商品に対し興味関心を持たせて、顧客の意志で広告をクリックして貰う。そのためには常に上記の3つのポイントを意識してレビュー記事を作る事が大切になります。

 

 

情報商材レビュー記事の全体構成はこれだけ!

情報商材のレビュー記事の構成

情報商材の紹介には、通常の記事の構成の様に…やはりレビュー専用の構成があります。その全体を理解して、各内容を書き込んでいけば、誰が読んでも意味が通るレビュー記事になります。

 

 

私のレビュー記事の構成は…

 

 

情報商材レビュー記事全構成

 

この様に「冒頭文・セールス文・広告掲載」と、この3つの工程で決まっています。それでは各項目毎にノウハウを紹介していきます。

 

 

情報商材総合レビュー記事の7つのポイント

情報商材7つのポイント

 

さきほどお伝えした「冒頭文・セールス文・広告掲載」にはそれぞれ7つのポイントがあります。それを項目毎に「何をどう書くのか」を紹介していくので、しっかりと学習してください。

 

 

冒頭文1:悩みを切り出して解決策を書く

まず情報商材のレビューの出だしは、必ず顧客の悩みから書きます。

 

 

 ‟あなたは●●で悩んでいませんか??”

 

 

 

という切り口で書きます。

 

 

例えば、こんな感じで切り出します。

 

 

  • あなたは「あと5万円あれば…」と悩んでいませんか?
  • あなたは「早く仕事を辞めたい!」と悩んでいませんか?
  • あなたは「短期間で綺麗になりたい!」と悩んでいませんか?

 

 

こういった切り口はブログやサイトだけでなく、お店などの化粧品コーナーでもよく見かけると思います(笑)

 

 

これも当然、ビジネス戦略であり、この様に切り出す事で「私はあなたの悩みに寄り添っています」と伝える方法です。

 

 

この切り出しの後は、「でも一人で悩むのは…今日で終わりです!実はその悩み…ある事をすれば解決できます!」と、解決策を伝えるわけです。この様に、冒頭文で相手の心を掴んでいきます。

 

 

冒頭文2:商材と出会ったストーリーを書く

心を掴んだら自分が商材と出会ったストーリーを書きます。ここは多少長文になってもいいので、自分が商材と出会った経緯を本音で書いていきましょう!

 

 

■ストーリーの例文

 

もともと私は金に卑しく、常にお金の事を考える人間でした。その結果…周りの人間からは忌み嫌われました。でも私は「お金があれば問題ない…。お金がないと幸せになれない」と、周りの目を気にせず、お金ばかりを追いかけました。

 

しかし、お金の事を考え、色々な広告収入のノウハウ本を買って取り組んできたが…全く稼げず。ASP画面では「0件,0円」の表示を眺めるばかり。

 

どうして他の人は上手くいくのに俺だけ上手くいかないのだろうか…。そう思っていた時に別の人のブログで紹介されたある情報商材が目に入りました。どうせ、この商材も人を騙している内容なんだろう?

 

そう思うと、だんだんムカついてきて、「よし、俺が中身を吟味してやろう!」と思い広告をクリック。私はそこで販売ぺージを吸い込まれる様に内容を見てしまった…。

 

 

 

という様に「なぜ情報商材をクリックしたのか」そのキッカケを書く事で、なぜあなたが商材を手にしたその背景が見えてきます。商材のレビューはこういった部分が重要になります。

 

 

セールス文1:商材の感想を書いて実績もアピール

まず情報商材を仕入れると私は別の記事でも言いましたが…それは自分で試した商材の感想を書くためですね。自分で商品を試していれば、販売ページでは書かれてない事が書けます。

 

 

  • 教材通りにノウハウを試したらコメントが50件来た!
  • ブログで稼ぐ為に最も重要な事が身に付いた!
  • 教材サポートを利用したら販売者からすぐに返信が来た!

 

 

という様に、自分自身が商材に感じた感想を素直に書く事で、これから「購入しようか」と悩む人の判断材料になります。

 

 

またそこに「本当に、こうなったよ!」という実績をキャプチャーして画像を載せる事で信憑性も高まります。さらに商品の感想は良い面(メリット)だけでなく、悪い面(デメリット)もちゃんと書きましょう!!

 

 

ちなみにデメリットを先に書き、その後にメリットを書いた方が「-から+のイメ―ジ」を植え付ける事が出来ます。

 

 

「教材のボリュームが多すぎて初心者が学ぶのに時間は掛かりますが、この値段で、このボリューム、また定期的にテキストがバージョンアップするなら納得できますね!」

 

 

と伝える事で、「この教材には、マイナス面もあるけど…プラス面の方が上回っています!」と伝える事が可能になる。この感想の書き方はしっかりと把握しておきましょう。

 

 

セールス文2:明るい未来像を書く

次は、明るい未来像を書きます。これは切り出し方は簡単で…

 

 

 

 ‟あなたは●●できたら何がしたいですか??”

 

 

 

という切り口で、相手が望んでいるであろう未来を次々と例を挙げてあげる。

 

 

ペルソナ人物の未来像

 

 

といった良き未来像を想像させてあげる事で、購入者の気持ちはアップします。商品は必ず購入後のイメージが大事で、そこを想像させてあげる事で気持ちが前向きになります。

 

 

セールス文3:別の購入者の証言集をまとめる

情報商材は色々な人が購入する商品なので、やはり購入者の声は多々出てきます。例えば楽天やアマゾンでも「レビュー欄を見ればどんな声が届ているか」を知る事が出来ます。

 

 

主に購入者の証言は「画像キャプチャーで見せる方法」「自分で簡単に箇条書きでまとめる方法」があります。それぞれを紹介していきましょう。

 

 

ブロフ集客マネタイズの本

 

 

商品の下の方を見ていくと…コメントがありますね??

 

 

商品が良いというコメント

 

 

この様に「商品が良かった!」という声もあれば…

 

 

商品に対して悪いと感じたコメント

 

 

当然、「商品が悪かった!」という声もあります。

 

 

この様に商品に対して「良い・悪い」の両面提示する事で、これから購入を考える人にとって正しい商品価値を伝える事が出来ます。本当に良い商品は偏りがなく、必ず賛否両論しているモノです。

 

 

また証言者の声を自分で読んでおいて、箇条書きにまとめて提供する方法もあります。

 

 

■商品の良さを感じたコメント

  • 物凄く読みやすくて初心者に優しい
  • 本を読んで、すぐにやってみたいと思った
  • 初心を忘れた人にも最適なバイブル書

 

 

■商品の悪さを感じたコメント

  • 内容はどれも似たり寄ったりで残念
  • 外側ばかりの知識しか載ってない
  • 内容が薄い上に値段が高い

 

 

こうすると…ただ自分の主観だけでなく、客観的な意見も入るので、よりレビュー記事に深みが増します。もちろん購入者の証言は情報商材の販売ページにもあるので是非見てみると良い。

 

 

セールス文4:購入対象者と非購入対象者を分ける

いくら情報商材といえど、購入者が全員満足する事はりません。もちろん、満足度が高い商材を紹介していく事が大前提ではありますが…それでも全員が100%満足する事はないですね。

 

 

そこでトラブルを未然に防ぐために…「購入対象者を絞っておく事が大事」になります。

 

 

実際に、こんな感じで書いて伝えます。

 

商品購入に向いている人

 

 

商品購入に向かない人

 

この様に、「商材の購入が向いている人」「商材購入が向いていない人」を教えてあげる事で、未然にトラブルを防ぐ事が出来ます。ですので絶対に購入対象者は絞ってお伝えしましょう!

 

 

広告掲載1:最後に情報商材広告を貼る

そして最後に必ず情報商材の広告は貼りましょう。そこで商品を紹介する際に、2つの注意点をお伝えします。

 

 

  • クリック=購入ではないという旨を伝える
  • 自分の目で確認する事を推奨する

 

 

この2つを伝えるとクリック率があがります。その理由は、まだ情報商材に対して不透明な点があり、「怪しい」とか「詐欺」といった負のイメージがあり、それを打開させるためです。

 

 

また値段も、情報商材は全て高額で、10~30万円すると勘違いする方も多く、クリックをためらう人も多い。そこで「クリックしても購入にはなりませんので安心して下さい」と伝えるわけです。

 

 

さらに…「あなたの目で確かめてはいかがでしょうか?」と、一言添えてあげると、購入を考える人の意志で自らクリックしてくれます。

 

 

これは物凄く大事な点なので、間違っても「販売ページはこちら!」だけで済ませない様に心がけましょう!広告誘導まで顧客の事を第一に考える事です。

 

 

私を劇的に成長させた情報商材はコレ!

アンリミ教材レビュー記事

 

実際に、私がここまで形に出来るブログ運営や稼ぐ仕組みまで身に付いたのは、「アンリミテッドアフィリエイトNEO」の情報商材のおかげ!なんと…今や購入者が1万人以上突破している本物の情報商材です。

 

 

もちろん商材の値段も情報商材の相場価格で、追加料金も発生しません。まだ情報商材を1冊も持っていないというあなたに非常にオススメです。

 

 

逆にこの商材をスタンダードにすると、他の教材がどれほどダメな商材なのかという目安にもなるので、一冊考えておいて損はありませんよ^^

 

 

 

 

まずは私がこの記事で伝えた「実際の情報商材レビュー記事」が読めるので参考にしてみて下さい。

 

 

まとめ

これで情報商材アフィリエイトで稼ぐノウハウは一通りお伝えしました。

 

 

もちろん一回だけ読んでも、それをすぐに形にするのは難しいですが、何度も読んで理解を深め、必要最低限の準備である「ブログ・ASP・書籍・商材」を揃えれば形にする事は可能です。

 

 

アフィリエイトは誰がやっても稼げる平等のビジネス。それでも稼げない人は頭で考え過ぎて行動が疎かになっている人だと言えます。是非、この事を踏まえて今日より明日の一歩を大事にしてみてください。

 

 

また、このブログでは今後もミニサイトで稼ぐ為の情報商材アフィリエイトに必要な知識や技術を日々お伝えしていきます。これからも私―ハルを何卒よろしくお願いします。

 

 

TOPページに戻る

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

ページの先頭へ