アフィリエイト広告|初心者が意外と知らない広告の使い分け

目安時間:約 9分
ドキュメント,文書,アフィリエイト,種類

「よし、!アフィリエイトを始めるぞ!
……。あれ?広告がテキストとバナー2種類あるぞ?」

 

と、あなたはどっちの広告を優先して貼るべきか??

 

ここに、悩んでいませんか??

 

実は「綺麗だからバナー広告を貼ろう!」とか、
文中には「たくさんテキスト広告を貼ろう」とか…。

 

自分のフィーリングだけでやっていると痛い目に…。

 

そこで!この記事では、

 

アフィリエイト広告のバナーとテキストの
使い分けについて、具体的にお伝えしていきます^^

 

ここを理解すると広告へのクリック率が上がりますよ!

 

バナー広告とテキストの明確な使い分けとは?

テキストタイプの広告とバナータイプ広告ですが…

これには明確な使い分けが存在します。

 

それは…

 

  1. バナー広告=TOPページに貼る
  2. テキスト広告=記事内に貼る

 

といった使い分けが
暗黙のルールとして存在しています。

 

これが基本なんですね^^

 

TOPページというのは、
やはり、綺麗でないと人は寄り付きません。

 

そこで、画像タイプのバナー広告を貼る事で
TOPページに躍動感を出す事が出来ます。

 

しかしその一方で、記事というのは
WEBユーザーが「情報を読む場所」なんです。

 

そこに画像型の広告を貼ると…
売り込み感が強くなりクリック率が下がります。

 

ですので、記事本文で
じっくり内容を読んで貰ったら…

 

「詳細はこちら」として
テキスト広告の方がクリック率が上がる。

 

なので、記事内ではテキスト広告を貼るのが基本ですね。

 

ただし広告掲載には例外もある!

例外,アフィリエイト,広告

今のは基本ですが…
Googleアドセンスは違います。

 

これは成約型ではなく、
クリック型なので戦略違いですね(笑)

 

Googleアドセンスは、
ディスプレイ系の広告がメインです。

 

なので、テキスト&ディスプレイ広告も
インフィート広告も結局は画像クリック式の広告です。

 

ですから、バナータイプしかない広告の場合は
記事内容に含む事もOKです。

 

その際は、冒頭文(続きを読む)下か、
記事本文の下部に掲載するのが基本になってます^^

 

アフィリエイト広告の種類は2つある!

種類,アフィリエイト,広告

それではより詳しくテキスト広告と
バナー広告について学んでいきましょう。

 

ここを覚えておくと…

 

クリック率が上がりやすい
広告掲載の場所が見えてきますので(*^^)v

 

テキスト広告とは?

まずテキストタイプの広告から見てみましょう。

 

テキストタイプの広告とは…

 

「文章をクリックすると販売ページへ飛ぶ

アフィリエイト広告の事。」

 

これは基本的に「記事内にリンクする」のが特徴で
記事本文の下(まとめの上)に、1箇所だけ貼るのが良い。

 

そうする事で情報を読んで貰った後に
広告がクリックして貰いやすくなりますよ。

 

ただし、、

 

  • 〇〇の詳細はこちら
  • 〇〇に悩む人はコレがおすすめ
  • 〇〇に興味があるなら見て下さい

 

といった、広告への誘導文は少しだけ必要になります。

 

テキスト広告のメリットデメリット

まずテキストタイプの広告のメリットですが…

 

  • 広告へ誘導しやすい
  • 情報提供後にスッと貼れる
  • イメージ画像の下に貼れる

 

といったメリットがあります。

 

しかしその一方で、デメリットは…

 

  • 広告へ誘導する文章力が必要
  • テキスト広告は貼り過ぎると逆効果
  • テキスト広告はインパクトがない

 

といったデメリットもあります。

 

まずはこの違いをよく理解しておく事が重要です。

 

テキスト広告はどこで使う?

そしてテキスト広告は…
先ほども言った様に記事の最後に1枚貼る事。

 

これがテキスト広告で収益を出す
ノウハウでもおあります。

 

そもそもテキスト広告を最大に活かすのは…
それまでの仕込みである情報提供がモノを言います。

 

逆に言えば、情報提供の質が悪いと…
広告まで興味が持って貰えないという事です。

 

ですから、普段から書く広告は絶対に
手を抜かず、役に立つ情報の提供を心がける事!!

 

バナー広告とは?

バナー広告とは…

 

「画像をクリックすると販売ページへ飛ぶ
アフィリエイト広告の事」

 

この画像型広告であるバナーは…

 

「目立つ場所に貼る」のが主な特徴で、
TOPページの「上部・サイドバー」に貼ると良い。

 

また例外として、記事なの中で貼る事も出来ますが…

その際は、記事の文末(まとめの下)にそっと1枚貼っておくだけ。

 

画像タイプは基本的に広告誘導文は不要です。

 

バナー広告のメリットデメリット

まずバナー広告へのメリットですが…

 

  • インパクト(華やかさ)がある
  • WEBユーザーの目を惹きつけやすい
  • TOPページの見た目を綺麗にする

 

といったメリットがあります。

 

しかしその一方でデメリットは…

 

  • TOPページでも貼りすぎるとウザがられる
  • 記事内ではWEBユーザーの邪魔になる
  • 広告だと一瞬見抜かれてしまう

 

といったデメリットもあります。

 

まずはこの良し悪しをしっかりと意識しましょう!

 

バナー広告はどこで使う?

バナー広告は基本的にTOPページで使うのが良く
多くても3枚程度貼るのがベスト。

 

特に私のブログの様に上部に貼ったり、
サイドバーの右上にバナー広告を貼ると効果あり。

 

特にバナー広告では、

 

収益に繋がりやすい「広告掲載場所」とされているので…
TOPページの掲載位置は必ず抑えておきましょう!

 

まとめ

それでは最後にもう一度確認しておきましょう。

 

  • テキスト広告=記事内に貼る
  • バナー広告=TOPページに貼る

 

テキスト広告は、情報提供がメインで
記事本文の下に誘導文を書いて広告を貼る。

 

バナー広告はTOPページがメインだけど、
記事に貼る場合は誘導文を付けず文末にそっと貼る。

 

これが、一番重要なポイントになるので

しっかりと抑えておきましょう!!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

次の記事はこれらがおすすめ!

この記事を読んだ人は…下記の記事も読んでいます。

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
当ブログオーナ紹介

アフィリエイトで8万円以上突破

はじめまして。当ブログを運営しています「ハル」と申します。
社会不安から安定した収入源を増やすため、アフィリエイトを開始。
詳細なプロフィールはこちら

今週の人気記事はこちら
カテゴリ一覧
参加中のブログランキング

ページの先頭へ