簡単運営!ミニサイト型ブログ3つのメリット・デメリットとは

目安時間:約 9分
ミニサイト型ブログとは

アフィリエイトブログは、ただ記事を書くだけで十分に運営していく事は可能です。しかし、ずっと1ヶ月も3ヶ月と…ずっと記事を書き続けなくてはいけません。時には、似たような記事を書いてしまう事もありますね??

 

 

そこで私がアフィリエイトブログの運営スタイルとして取り入れているのが「ミニサイト型ブログ」です!!ミニサイトは、ずっとブログを運営し続けない「運営ノウハウ」です。

 

 

特にミニサイトは、本業があって「毎日記事を書き続けるのはちょっと…」というあなたにこそ読んで貰いたい。それではミニサイトの世界についてお話していきますね^^

 

 

そもそもミニサイトとは?

ミニサイトブログとは?

 

まず「ミニサイト」とは何かというと…必要な情報のみを揃え、ほぼ更新せずに1つのサイトを完成させて放置して運営するスタイルです。

 

 

ですのでミニサイトでは、記事数が100も200も超える様な超ボリュームある運営スタイルは一切取り入れず、必要な情報を揃えて完成させる事を目的とします。

 

 

なので主に「50記事程度を一つの基準」としており、あまり100記事を超える事はありません。

 

 

ミニサイトの基本戦略は?

 

アフィリエイトジャンルとダイエットジャンル

 

ミニサイトの基本戦略は、「アフィリエイト」とか「ダイエット」という大カテゴリでの戦う事はせず、「ブログアフィリエイト」とか「食事制限ダイエット」と、的を1つに絞り、小カテゴリで攻める事にあります。

 

 

ですのであなたが、仮に「ブログアフィリエイト」とテーマを決めたら、ブログアフィリエイトに関する情報のみ取り揃えればいいという事になりますね^^これが本業があって副業をするのが忙しい人にとって、一番楽な運営戦略と言えます。

 

 

ミニサイト型ブログの主な特徴

 

ミニサイト型ブログの主な特徴は、、

 

 

  • ブログ全体でアクセスを回す
  • TOPページをWEBサイト風にする

 

 

上記の2つ。本来、ブログでは記事を量産すれば時系列により、過去の記事が見えなくなります。

 

 

ですがミニサイト型の考え方では、まずブログ記事で必要な情報を揃え、その情報が整い次第ブログTOPページをWEBサイト風に作り込む。

 

 

サイト風ブログTOPページ

 

↑(こんな感じにTOPページを作る!)↑

 

 

TOPページをWEBサイト風にする事で、過去に配信した情報をいつでもカテゴリ欄からだけでなく、常に見れる状態にしておく事ができます。

 

 

こうする事で、記事から集客したユーザーをTOPぺージへ還し、そこからまた別の記事へと循環経路を作る事ができる。なのでブログ全体でアクセスを回すのがミニサイトの最大の利点とも言えますね^^

 

 

ミニサイトのメリット&デメリット【各3つ】

 

ミニサイトのメリット&デメリット

 

いくらミニサイト型ブログといっても万能ではありません。そこでここからはミニサイトのメリットとデメリットについてお話します。

 

 

メリット1:運営が半分放置できる

 

ミニサイトは何と言っても「完成型」を目的とした運営スタイルなのでブログで情報が揃い次第、放置は出来ます。

 

 

もちろん放置と言っても、完全な放置ではなく…時々、記事を更新したり、過去の記事を読んで情報を追加したりしますが、ずっと面倒見る事はないのでブログが複数所持できます。

 

 

メリット2:必要な情報のみでOK

 

ミニサイトのメリットで絶対に外せないのは…何度も語っていますが、「必要な情報のみ」という点です。通常のブログの様に、ずっと記事を書き続けないからこそ、本業と副業にメリハリが付きやすい。

 

 

なので「何の記事を書けばいいのかなぁ?」と、記事ネタに困るという事がないのがないのも大きなメリットですね!

 

 

メリット3:特化型ブログ(サイト)にしやすい

 

ミニサイトでは、取り組むテーマを1つの小カテゴリに絞って運営するため、それ以外の情報を載せません。

 

 

例えば「ブログアフィリエイト」という分野で運営するなら、メルマガアフィリエイトもGoogleアドセンスアフィリエイトなど無駄な事を書かなくてOK!!

 

 

そのため資産(特化)型ブログ(サイト)にしやすいので、Google検索エンジンからも、あなたのサイトが高評価を受けやすくなります。

 

 

デメリット1:集客がしづらい

 

ミニサイトは基本的に記事数には頼らない運営方法なので、正直、集客がしづらいという点があります。

 

 

もちろんキーワードを狙った記事などを書いてはいきますが…それでも記事全体の数が少ないので取り組むジャンルによっては他サイトに負ける事もある。

 

 

しかし無駄な情報を記載しないサイトは必ず読者が認めてくれるので、信じて運営しきる事が何よりも大切です。

 

 

デメリット2:テーマにより情報量がバラバラ

 

ミニサイトは基本的に「1サイト50記事が基準」といいましたが、ただし取り組むテーマによっては、それよりも記事が少なかったり多かったりする事もあります。

 

 

例えばダイエット部門では、80記事くらい膨れる時もありますし、コーヒー部門では30記事で事足る事もあります。

 

 

なので取り組むテーマにより情報量にバラつきが出る事がありますが、必要な情報が揃った時点で運営が終わりという点に違いはありません(笑)ですので最後まで終わらせる覚悟を持ちましょう!!

 

 

デメリット3:サクサク取り組む必要がある

 

ミニサイトでは必要な情報を揃える事が前提のため、最初から企画書を作り、その通りに実行して運していきます。

 

ですので通常の仕事と大して差がなく、ダラダラとやると本当は1ヶ月で終わる作業も3ヶ月、6ヶ月と掛かってしまう事もあります。必要な情報のみ揃えれば終わりなのだから、サクサクと取り組んで記事を作っていく必要があります。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか??ミニサイトの世界って意外と単純なんだぁ~と感じて頂けましたか??(笑)もちろん、通常のブログ運営もミニサイト型ブログ運営も、記事を作って情報提供という作業がある事に違いはありません。

 

 

しかし「それらの情報をどう提供し、使いまわすのか」という運営スタイルにこそ違いがあります。ミニサイトは本当に時間が取れない人向きの運営ノウハウなので是非チャンレンジてみて下さいね!

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

ページの先頭へ