【夢を叶える】アフィリエイトで突き進むための目標の立て方

目安時間:約 6分

アフィリエイトを始める事は簡単に出来ても、自分の思った通りに行動を起こして成功するっていうのは難しいですね。途中で壁が超えられず、挫折して辞めてしまう人も大勢います。

 

 

そこで、アフィリエイトで迷わず夢に向かって突き進むための目標の立て方をご紹介していきます。

 

 

まずは自分の叶えたい夢を掲げよう!

夢を掲げる

まずは自分の本気で叶えたい夢を一つ掲げる事が目標を立てる上で最も大事になります。そもそも人は、仕事がしたくて仕事する人はいませんね(笑)

 

 

大抵の人は…「自身の生活のため」とか「欲しいモノがあるため」に仕事をしています。最初から「高額納税者になってやろう!」と思って仕事をする人はまずいませんね^^

 

 

それと同じでアフィリエイトでも、「お金を稼ぎたい」という気持ちだけで始める人は基本的にいません。

 

 

そのお金が欲しいという気持ちの裏に…

 

 

  • 煩わしい人間関係とおさらばしたい
  • 企業のために貴重な時間を使いたくない
  • 自分で稼げる能力を本気で身に付けたい
  • 30代前半でマンションを一括で買いたい
  • 好きな時に旅行に行ける自分になりたい

 

 

という気持ちがあって初めて「自分でお金を稼ぎたい」と思うワケです。

 

 

なので、まずは自分が本当に叶えたい夢をホワイトボードなどに書き出しPCの前に掲げる事が大事。それがアフィリエイトでの原動力になります。

 

 

背伸び程度の無理ない目標を立てる!

目標を立てる

目標は低すぎても、高すぎても意味がありません。目標が低すぎても、達成感は得られませんし、高すぎても目標到達が出来なければモチベーションが下がりますね。

 

 

ですので、目標は少し背伸びをすれば届きそうな範囲が最適になります。

 

 

例えば、いきなりアフィリエイトで「1日30分の作業で月100万円」とかは無理でも、「1日2時間の作業で2ヶ月で3000円」なら、少し頑張れば到達できそうですね!

 

 

この様に自分でちょっと頑張れば届きそうな目標を作りましょう!

 

 

最初のうちは…

 

 

  • ブログ運営を1ヶ月継続する
  • ブログ集客1ヶ月で300目指す
  • アフィリエイトで累計3000円を目指す

 

 

といった身近な目標の方が到達しやすい。また到達できたら、しっかりと自分で自分事を「俺って、すげぇーじゃん」と、褒めてあげましょう!

 

 

目標は常に3週間ごとに区切りにする

目標は3週間ごとに区切る

目標は、必ず短期間で立てる事をお勧めします。というのは短期間の方が、モチベーションが落ちずらく、作業効率も飛躍的にアップするからです。

 

 

例えば「1年間で30キロ体重を落とす」という目標と、「2ヶ月間で30キロと体重を落とす」という目標ではどちらにやる気を感じますか??おそらくは2ヶ月での方が良いなとわかると思います。

 

 

まぁ確かに、1年で30キロの方が1ヶ月2,5キロずつなのでお手軽ですが…これを長期継続できるかというと、人間はさすがに難しいですね。

 

 

でも2ヶ月で30キロの方は、少し辛い期間を我慢すれば、短期間で結果にコミットできそうですね(笑)それと同じで、人間は短期間の方がモチベーションが維持できるので効率が良い。

 

 

特にアフィリエイトでは3週間区切りで目標を立てて取り組めば結果も速く出せます。

 

 

まずは…

 

 

  • 3週間、記事を1日1記事目指す
  • 3週間、コメントを30件目指す
  • 3週間でブログを完成させる

 

 

といった目標を1つだけ掲げて、ブログ運営を取り組んでいきましょう!!

 

 

まとめ

夢は自分を突き動かす原動力で、目標は自分が定めた方向へ行動を起こすのにとても必要な事です。ですから、「自由に旅行するために、1年で月100万円は稼げる様になりたい」と思うのはとてもいい事です。

 

 

ただ、それに合わせて「まず1日でブログを作る」とか「1週間でブログ集客50にする」といった短期的な目標を持ち、そこに向かって行動する事。アフィリエイトは目標と行動の繰り返しけです^^

 

 

普通の仕事と同じで、短い期間で「当たり前の事を当たり前にこなす」だけなので、無理に頭をひねらず素直にやってみましょう!

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

ページの先頭へ