ディスプレイキャプチャーフリーソフトWinshot!パソコン画面を保存して活用しよう!

目安時間:約 5分
画像キャプチャー,画像保存,winshot

「今、開いているパソコン画面をサイズを決めて保存したい!でもそれってどうやるの??」と、あなたは思った事はありませんか??私は思った事があります。その時は…「パソコン 保存 画面」とか「ディスプレイをキャプチャーする方法」と、がむしゃらに打ち込んで調べましたが…(苦笑)

 

ただアフィリエイトブログ運営をしていると、「実績掲載」や「手順紹介」に「図解入り説明」をする際に画像を使いたいですよね??

 

ブログは文字だけだと、やはり読者に対して訴求力がイマイチ…。そこでこの記事では…今開いているPC上の画面をそのまま画像として保存できるキャプチャーフリーソフト「Winshot」をご紹介します!このソフト1つで、あなたの伝えたい事は一気に増えますよ(*^^)v

 

まずWinshotとはどんなソフト?

いま開いているPC画面を保存するWinshot

Winshotとは、プリントスクリーンの様に…今パソコンで開いている画像をそのまま保存できるキャプチャーソフトの事です。上記の画像も今現在開いている私のブログ記事をそのままサイズを決めて保存しました。

 

この様に、画損を保存する事で…

 

  • 図解入りで説明したいモノ
  • 実績として掲載したいモノ
  • イメージとして伝えたいモノ

 

を、文章でただ長々と説明する事なくー読者に画像で訴求する事ができます!!これがWinshotの力ですね^^例えば…Winshotを使えば、自分で作業手順をドローツールやペイントなどで作った後に、その画面をキャプチャー保存できます。

 

PDCAサイクルの画像

 

この様に、文章で書いて伝えなくても…自分が伝えたい事を画像で伝えればイメージが付きやすく、文章にもリズムが付いて読みやすいですね!ただ「〇〇をしてから~××して…」と言われるよりも相手にスッと言いたい事が伝わります。

 

また他にも、自分が出した実績を一部分だけ紹介したい場合にもWinshotは使えます!

 

総合アクセス数の実績

この様にアクセス解析画像を保存すれば自分の集客実績として紹介して見せる事ができますね^^ですのでWinshotは超便利なシロモノなのです(^^♪

 

素朴な疑問!プリントスクリーン(PRTSC)との違いは?

Winshotとプリントスクリーンの違い

「Wishot」と「プリントスクリーン(PRTSC)」との違いは…「サイズを決めて必要な箇所のみ保存できること」です。プリントスクリーンもWinshotと同様に開いているPC画面を保存できますが…全画面の保存となります。

 

ですのでプリントスクリーンの場合は、保存後にペイントブラシなどを立ち上げて余分な所をカットしなくてはいけないので手間がかかります。一方でWinshotはその場でサイズを決めて保存できる上に、番号で整列保存出来るので管理も楽!ここが主な違いです^^

 

Winshotをダウンロードしよう!

Winshotダウンロード

 

⇒公式サイト:Winshot

 

こちらよりWinshotをダウンロードしてください。Winshotで撮った直後のキャプチャー画像は印刷したり、ペイントブラシやGimpなどの画像加工編集ソフトで加工処理を行うことも可能です。

 

まとめ

こういった機能を使えれば、よりアフィリエイターとしての活動幅も増えます。まずはブログ運営に最低限必要なソフトを手に入れて、後は実践でスキルを磨き続けていきましょう!

 

スキルは身に付けば、一生モノなので自分を裏切る事はありませんので(笑)

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

コメントは2件です

  1. 河原みれ より:

    こんにちは
    とても参考になりました。
    早速ダウンロードします!
    ありがとうございます。

    • halu より:

      河原みれさん、こんにちは!

      非常に使い勝手が良いので…
      是非とも使ってみてくださいね^^

      コメントありがとうございました。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

ページの先頭へ