実は簡単!Googleアナリティクスの基本的な使い方と記事改善法

目安時間:約 9分
円グラフ,アナリティクス

せっかくアクセス解析ツールであるグーグル(Google)アナリティクスへ登録したけど、「イマイチ使い方や見方がよくわからない…」と事はよくありますね。

 

 

実際私も、見方とか…使い方とか…「わかりやすく必要な事だけ教えてくれるサイトないかなぁ~」と思ったくらいです(笑)でもネットで調べると大抵、登録方法や導入方法やPV数自慢くらいしかヒットしませんでしたが…(苦笑)

 

 

そこで!この記事で、私がグーグルアナリティクスの基本的な使い方と記事の改善方法についてご紹介していきます。是非、あなたの参考にしてください。

 

 

グーグルアナリティクス基本的な3つの使い方

アナリティクスの3つの基本的な使い方

 

まずグーグルアナリティクスは、色々と項目がありますが…その全てを理解する必要はありません。基本となる項目を覚えて操作方法を見ていきましょう。

 

 

ユーザー→概要

 

まずはアナリティクス管理画面、左側の項目にある「ユーザー」→「概要」の順でクリック。

 

 

自分のブログアクセスの解析と確認

 

 

この項目では、自分の「ブログの現状を把握する」ページになります。ここから「ユーザー数・アクセス数・滞在時間」などを確認し、前回よりも伸びているかどうかを知る事が出来ます。

 

 

私はついこの間、ブログ記事をある程度削除しているので、かなりアクセスが下がったりしていますね。もちろん、記事を増やしたり、修正したりすればアクセスは回復していきます。

 

 

集客→概要

 

次に「集客」→「概要」の順で項目をクリック。

 

 

オーガニック検索などの訪問数の確認方法

 

 

このページでは、「オーガニック(organic search)検索」や「ダイレクト(direct)」など、「どこから訪問されているか?」そこを確認する事が出来る。

 

 

  • Organic search:検索エンジンからの訪問数
  • Direct:直接URLからの訪問数
  • Referral:リピーターによる訪問数
  • Social:SNSを通じての訪問数

 

 

特にSEOで言われる検索エンジンの集客とは…この「オーガニック検索」です。この検索数が上がると訪問者数が増え、検索エンジン(SEO)からの訪問が多いという証明になります。

 

 

行動→概要→サイトコンテンツ→すべてのページ

 

次に「行動」→「概要」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」の順で項目をクリック。

 

 

ランディングページ毎のアクセス解析と確認

 

 

ここでは主に、「どのページにアクセスが集中しているかを確認」したり、「直帰率が多いページを探したりする」ために使います。主に修正したい記事を探す時にこの項目が役に立ちますので覚えておきましょう。

 

 

グーグルアナリティクスの正しい5つの見方

Googleアナリティクスの正しい5つの見方

 

私達は普段からアクセスと一概に言っていますが…そのアクセスを細かくすると下記の5つの項目に主に分かれます。

 

 

ですので、下記の項目はアクセスを得る(増やす)ために、非常に大事な事なのでしっかりとアナリティクスで使われる用語を抑えておきましょう。

 

 

セッション

 

セッションとは、サイト(ブログ)へ訪問してから、離れるまでの事を意味します。このセッション数が上がれば…訪問者が増えたも同じなので、ページビュー数も自然と上がります。

 

 

セッションは「サイトの規模」を知るために、しっかりと抑えておきましょう。

 

 

ユーザー

 

ユーザーとはサイトへ訪問してくれた人の数です。これは一見すると、セッション数と同じ様な感じですが…このカウント数はあくまでも「人」です!!

 

 

ですので1日に同じ人が何度、あなたのサイトへ訪問したとしても「1」という扱いになります。という事は…1日でユーザー数が200だとすれば、あなたのサイトを訪問した数が200人いるという事。

 

 

なのでユーザー数の規模が多いほど、「検索エンジンからの訪問(集客)がある」という証明です。

 

 

直帰率

 

直帰率は、最初に訪問したランディングページからサイトを離れた割合です。まぁ簡単に言えば…訪問したブログ記事から他の記事を回遊せず、すぐに離脱してしまった数とも言えます。

 

 

ですので、直帰率が高いとページビュー数が増えず、滞在時間が減るのでGoogleの評価も落ち、低品質のサイトと断定されるわけです。直帰率が60%を超える様なら、少しブログ全体の記事を見直しましょう!!

 

 

滞在時間

 

滞在時間は、そのユーザーがサイト内にいる時間帯の事です。この滞在時間が長ければ長いほど、需要ある優秀なサイトとGoogleSEOから評価を受けます。

 

 

また、分析する際は…ページ毎の滞在時間を調べ、平均してどの記事も「3分」を超えるのが理想と言われています。ですので「1分程度しかない記事」は、滞在時間が短い事から離脱率が高い事が予想できます。

 

 

つまり、「滞在時間が非常に少ない記事を修正」すれば、サイトの低品質を解消していく事が可能です。

 

 

ページビュー数

 

ページビュー数はPage View」と書き表し、PV数と言われています。このPV数は、1人あたりのユーザーが「どれだけページ数を見たか」を現した数になります。

 

 

ですので1ユーザーが最初の記事を含め、3つのブログ記事を見たら…PV数は「3」になります。このページ数が多ければ多いほど「記事がたくさん読まれるサイト=人気サイト」となります。

 

 

ですのでPV数が多いサイトを目指すには、コンテンツ量や各記事の記事タイトルを工夫し、ユーザーに読んで貰える様に工夫する事が重要です。

 

 

まとめ

 

Googleアナリティクスは、無料のツールの中でも間違いなくトップクラス。絶対に、使いこなせる様にしておきたいですね(笑)ですが、アクセス解析といってもそこまで深く知る必要はありません。

 

 

まずは基本的な事を踏まえて、「どの項目から、何を分析し、どの記事から改善すればいいのか??」だけを把握しておきましょう。特にミニサイトは完成型なので記事の量産よりも改善がメインになります。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. Manohiro より:

    はじめまして、
    ブログランキングから訪問させて頂きました。
    アフィリエイトを始めましたManohiroと申します。

    このアクセス解析の指標を、しっかり使いたいと思います。
    そして、成長します。

    • halu より:

      Manohiroさん、こんばんは!
      お返事が遅くなり、すみませんでした。

      アクセスの指標はブログ運営の軸ですね!

      お互いに解析ツールを使いこなして…
      今後とも、大きいブログへと成長させていきましょう!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
当ブログNo,1の教材はこちら!
管理人プロフィール

アフィリエイトで8万円以上突破


はじめまして。当ブログを運営しています「ハル」と申します。情報商材アフィリエイトで10万円稼いだ私が、スムーズに稼げる最短8ステップをご紹介。

詳細なプロフィールはこちら

殿堂入り記事はこちら
カテゴリ一覧
参加中のブログランキング

ページの先頭へ